列車の高架橋を公園にした新たなスポット

 

 ハイライン(The High Line)

2009年にニューヨークの再開発計画のひとつだったハイライン(The High Line)がオープンし、ニューヨーカーの憩いの場になっています。

ハイラインは、廃線になった列車の高架橋をリノベーションして公園にしたもので、高架から周辺の街並が一望できます。天気の良い日にはベンチで日光浴する人も。穏やかで平和な空気に心が洗われます。
 

 周辺の街並

まず、ミートパッキングエリアのガンズヴール・ストリートに向かいましょう。
そこから階段で高架にあがると、まさに都会のエア・スポット。
右手にミートパッキング地区、左手にはハドソン川が見えます。

もともとマンハッタンの中でも高層ビルが少なく、緑とレンガ建物の多い地区ですので、ここでしか見えない風景は本当に素敵です。

どんどん歩いていくとチェルシーのギャラリー街上空へと続きますので、観光の移動にもちょうど良いんです。
 

 トンネル

鉄道の跡地ということで、いたるところ線路などが再利用されているのですが、アイアンむき出しのデザインと緑のコンビネーションがまたかっこいい。
途中、トンネルがそのままの姿で出てくるのですが、ステンドグラスなどでデコレーションされています。ニューヨークならではアートも随所に感じられます。

チェルシーのギャラリー街に着くまで大体20分程度です。ただ、このハイライン自体にはカフェなどはありません。(ジュースなどの露店が少し出ていますが)
チェルシー市街に着いたらたくさんお店がありますので、そこでお茶しましょう。

タイムズスクエアなどの喧騒から逃れて、ハイラインで少し観光の一休みはいかがでしょうか。行くなら天気の良い日が絶対におすすめです。
カメラもお忘れなく!

■The High Line(ハイライン)
住所:529 West 20th Street, Suite 8W · New York, NY 10011
電話:+1 212-206-9922
開放時間:7:00分~22:00
アクセス:Gansevoort Street~30th Street間(10th Ave)
URL:http://www.thehighline.org/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。