60分をかけて緑豊かな島々や古城などを楽しめる
「キングストン・サウザンド・アイランズ・クルーズ」

 

 

 

 

 

 

トロントから車で約3時間のところにあるキングストン。この街に流れるセント・ローレンス川には1000の島々が浮かび、そこは「サウザンド・アイランド」と呼ばれています。ここで人気なのが、大小の島々を船から見られる「キングストン・サウザンド・アイランズ・クルーズ」です。

私が参加したのはGananoque boatlineという会社の「call of the wild」というフェリーツアー。クルーズ中は英語ですが、島や建物の解説があり、60分をかけて緑豊かな島々や、古城などを楽しめます。クルーズの途中では、カナダとアメリカの島をつなぐ世界一小さい橋や、ニューヨークのホテル王・ボルト氏が建てたというボルト城、花壇の花やランプの形はすべてハートというハートランド城などが見られました。ひとつ注意していたいのは、フェリーの運行はサマーシーズンだけということ。現地へ行く前に運行スケジュールなどをチェックすることをオススメします。

ちなみに、ここは日本でお馴染みの「サウザンド・アイランド・ドレッシング」発祥の地でもあるので、お土産にドレッシングを買うのもオススメですよ。

■サウザンド・アイランドのGananoque boatline
ホームページ(日本語):Gananoque boatline
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。