お買い物が楽しい、かわいい街「ナイアガラ・オン・ザ・レイク」

 

 

 

 

世界3大瀑布のひとつとして知られているナイアガラの滝。そこから30分ほど車で北へ向かったところにあるのが、「ナイアガラ・オン・ザ・レイク」という小さな街です。ここはイギリスの植民地時代に、アッパーカナダ(今のオンタリオ州)の初の首都だった場所。今でもQueen streetという大通りにイギリス風の建物が立ち並んでいます。

英語では「かわいらしくて素晴らしい」という言葉を「Pretty」と表現するのですが、まさにその言葉がぴったりのストリート。私が行った7月末は、建物の周りや、歩道、道路にたくさんの花が咲いていて、歩くのがとても気持ちが良かったのを覚えています。ツアーガイドさんの話によると、街の雰囲気をなるべく維持するために、ファストフードショップやチェーンのコーヒーショップなどの出店は控えてもらっているそう。それも歴史のある街が素敵に維持されている秘密のひとつなのでしょう。

ストリートに並ぶお店は、ナイアガラエリアで作られたアイスワインなどを販売するワインショップ、同エリアで採れたフルーツだけを使ったジャムショップ、レースでできたテーブルクロスなどを売るレースショップ、手作り工芸品のお店、メイプルシロップのお店、レストラン、ジェラートショップなどなど。それぞれのお店は小さいですが、どこも個性があり、お散歩しながら一軒一軒立ち寄りたくなる場所です。女性にとってはお買い物が楽しい街だと思うので、ナイアガラの滝を訪れる際には、ぜひ寄ってみてはいかがですか。

■Niagara on the lake
ホームページ:Niagara on the lake
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。