離れているからこその「ドキドキ感」

私は、日本とオーストラリア間で遠距離恋愛をしています。

相手との時差や仕事などの都合もあり中々連絡を取り合うこともできません。もちろん、会うのは1年に1度か2度程度。
それでも2日に1度区らいは、ゆっくり電話やSkypeをしたりしています。
お互いが離れ離れで何をどうしているのかわからない状況ですが、日常の出来事や生活など飽きずに話しています。
離れているからこその、ドキドキ感みたいなものもあります。

私が思うのは、二人に共通の目標(結婚や将来の夢)が実際に達成可能か、そして共有できているか、お互いが将来を想像できていれば、
住んでいる地域や国が離れていても、「気持ちはいつもそばにある」と思えると思います。
実際私の相手は、今はオーストラリアにいますが、日本人でも豪州人でもなく、別の国の人です。日本で知り合いましたが、またお互い日本で一緒に住んで、共通の目標があります。
二人で幸せになるとお互いが強く思えば、距離やすこし会えない寂しさも克服できるはずです。
久しぶりに会った時はすごく嬉しいですし。
会った時のことなどを、想像して前向きに考えることが重要だと思います。そして、時間がある場合はコマ目に連絡をするのがいいでしょう。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。