関係性を強く維持するために気をつけること

 

 

私は東京~名古屋間で遠距離の関係を続けています。関係を維持する上で以下のことを特に気をつけています。

■お互いの共通項
私たちはお互いに共通する趣味として社交ダンスがありました。定期的に行われる競技会で高成績を残すため、遠距離の関係になってからも週末にお互い行き来し練習するようになりました。このようにお互いの共通項があることは、やはり物理的に遠くても関係性を強く維持することに貢献してくれています。

■お互いの目標の設定
現在は遠距離恋愛ですが、いずれはいつも近くにいたいものです。それを実現させるためにも長期的、短期的に目標を常に共有するようにしています。するとどうすればもっとずっと一緒にいられるか考え行動するようになるので、これからの互いの関係がワクワクするものになります。遠距離故に生活にメリハリが付くものになるといったところでしょうか。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。