『昨日はコンニャク、今日は生麩(なまふ)。たまにはチクワを食べてみたい』という古い「戯(ざ)れ歌」があります。その心は「ちょっとずつ硬くなっているけど、チクワではまだまだ物足りない。生麩よりはマシだけど…」。パートナーの股間の切ない事情を女性目線で描いたものです。

自分がひょっとしたらED(勃起不全、勃起障害)ではないか? と疑う人の多くが、性交の途中で萎えてしまう「中折れ」を経験しています。いったん中折れしてしまうと、自分の意思だけで回復させるのは困難です。

中折れは多くの場合、悩みごとや緊張など精神的な原因によりもたらされます。しかし、そうした理由がなく、陰茎の海綿体が十分な血液で満たされることで硬さが保たれているのであれば、中折れは起きにくいものです。

EDはなんらかの理由により、満足な性交が行えないほどの十分な勃起が得られなかったり維持できなかったりする状態ですが、その決め手となるのは、ある程度の硬さです。


勃起時の硬さの目安となる5つのグレード 

男性が自分の勃起の硬さを簡単にチェックできる目安として便利なのが「勃起の硬さスケール」(日本語版)です。米国で開発されたEHS(Erection Hardness Score)という評価基準を日本語に置き換えたものです。

このスケールは勃起時の硬さに応じて5つのグレードがあります。

グレード0=陰茎は大きくならない
グレード1=陰茎は大きくなるが、硬くはない
グレード2=陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない
グレード3=陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない
グレード4=陰茎は完全に硬く、硬直している

自己診断をしやすくするため、それぞれのグレードは、1=こんにゃく、2=みかん、3=グレープフルーツ、4=りんご――の硬さに例えられています。
ただし、EHSはEDを疑うための目安にはなりますが、その結果だけでEDの診断はできません。男性自身の主観も入るため、専門医を受診することが大切です。


勃起の硬さは性生活や恋愛にも相関する

女性の満足度を高めるには、大きさばかりでなく、十分な硬さが必要に

女性の満足度を高めるには、大きさばかりでなく、十分な硬さが必要に

冒頭の戯れ歌は「硬さ」に対して男性自身が感じる思いや不安などを女性の側からクールに捉えたものといえるでしょう。それを裏付ける国内外のデータもあります。

たとえば、『Global Better Sex Survey』(2005年10月~2006年3月、対象27カ国)では「ここ4週間で勃起の硬さに満足していますか」という問いに対し、日本では「とても満足している」と回答した男性は19%、女性は17%でした。世界平均に比べ、勃起の硬さに対する日本人の満足度が低いことが分かりました。

同調査をアジア圏8カ国(日本、韓国、台湾、香港、マレーシア、シンガポール、タイ、インドネシア)で解析した結果によると「勃起の硬さ」の満足度(最高4)について、日本男性の平均値は3.2(8カ国中7位)、日本女性の平均値は2.7(同)で、女性の満足度が低い傾向がみられました。

また、たとえ勃起の硬さに「満足」しても、「性生活」「恋愛全般」「健康全般」が「とても満足」するのは1割程度であるのに対し、硬さに「とても満足」すると3割に増加します。それほど硬さの影響は大きいということです。


40代以上の約7割が「硬さに自信がない」

年代が高まるにつれて勃起時の硬さに自信をなくす人が増えているという調査結果も

年代が高まるにつれて勃起時の硬さに自信をなくす人が増えているという調査結果も

『よりよい性生活に関する意識調査』(男性=2005年9月、女性=2007年3月、首都圏)では「陰茎がより硬くなること」を男性の23.0%、女性の17.3%が希望。「陰茎の形状に求める機能」のうち「硬さ」を挙げたのは男性の54.9%、女性の40.7%でした。

『硬さは男の勲章!』(2009年3~5月、全国)では「最近の勃起時の硬さに自信はありますか」という問いに対し「自信がある」は46.5%、「自信がない」は53.5%という結果でした。

「自信がない」という回答を年代別に見ると、

20代=34.3%
30代=46.0%
40代=61.1%
50代=73.6%
60歳以上=83.3%

となっており、年代が高まるにつれて「自信がない」人が増えています。40代以上を合計すると69.1%となり、働き盛りの多くの人がEDで悩んでいることが分かります。


性生活に潤いもたらす「硬さ」 

前出の『Global Better Sex Survey』や『よりよい性生活に関する意識調査』の結果からは日本人が「勃起の硬さ」と「勃起の持続」を強く求めている姿が透けてきます。

とりわけ、日本人男性は「よりよい性生活には硬い勃起とその維持が必要である」と考えていることが浮き彫りになっているようです。シアリス、バイアグラ、レビトラなどのED治療薬はこうした要望を叶えることのできる最も安全で確実な選択肢といえます。

それらは男性が望む硬くて持続時間も長い勃起をもたらし、ひいてはパートナーとの豊かな性生活に潤いを与えるはずです。勃起に衰えを感じたら、信頼できる専門医を受診しましょう。


>>果物とEDと生活習慣の関係とは?
>>「りんごの硬さ」は健康な男の証?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。