【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

婚活サイトの良かった点と悪かった点

「エキサイト恋愛結婚」「Yahoo!パートナー」を利用したことがあります。

■良かった点
1. 割と気軽に始められる金額設定なところ。
婚活したくてもまともな会社に登録するとかなりの金額を取られるわけで、社会の底辺あたりで生きている身ではその時点で諦めてしまうでしょう。

2. 自分では「こんな人がいい」という理想があったとしても、いろんな人のプロフィールを拝見することで「こんな人でもいいかもな」という新たな発見があったりします。

3. 真面目な人は本当に真面目。
基本的になかなか出会いのない会社だったり、かなり奥手だったりするからこそ登録するわけで、奥手な方ほど不器用ながらも真剣で真面目に接してくださったりします。

4. 合わなくても、会わずに「ごめんなさい」ができること。
メールで「ごめんなさい」ができるのも、必要以上につつましい日本人にとってはいいところでしょう。また、「危険なにおいがする!」と言う場合でも、会う前からお断りが出来るので、大いに役立ちます。


■悪かった点
1. メールで相手の内面を見ることになるので、文章の読解力というか、「行間を読む力」がないとちょっと辛いかもしれません。

2. 内気な方も多いので、せっかくメールを頂いても文章が短すぎて、話をしようにもなにを話せばいいのか……と、プロフ埋めの催促をすることもしばしば。

3.金額が安いので、単なる遊び相手を探している人も、男女共に少なくありません。

4.メールでじっくり相手を吟味してからお会いすることになるため、お付き合いに至るまででも時間はかかります。

無料期間中にお試しで入会したので、一応無料でした。
無料期間を過ぎるとそのまま月額費用がかかるようです。

成功するためのアドバイス

プロフィールは詳しく埋めてください。
例えば、「趣味:音楽鑑賞」よりは「趣味:音楽鑑賞。コールドプレイと菅野ようこさんの曲が好きです」と書いたほうが話のネタが多くていいです。

また、女性が登録すると、大量にメールが来ます。
さばくだけで一苦労ですが、定型文などを駆使してでもすべてに返事を返すのがマナー。

これも女性の場合ですが、実際にお会いする段階になったら、可能な限り一人で会いに行くことは避けるべき。危険回避の意味ですが、友人に相手を判断してもらう意味でも。

エキサイト恋愛結婚
料金:コースによって異なる
HP:wedding.excite.co.jp/

■Yahoo!パートナー
料金:プランによって異なる
HP:partner.yahoo.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。