昭和を感じる風情あふれる商店街

 

 

松本城に行ったら、女鳥羽川沿いに広がる「縄手通り商店街」も合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。休日になるとたくさんの観光客で賑わう通りには、ちょっとしたおみやげ屋さんをはじめ、食器や手ぬぐいなど普段使いにぴったりの民芸品を売っているお店やオシャレなカフェ、食べ歩きできる軽食を扱うお店などがずらり。夜のみオープンの小さな居酒屋などもあって、時間帯で異なる楽しみ方ができるのも魅力です。

通りを歩いていると、ちょくちょく目に飛び込んでくるものがあります。それはカエルの置物。例えば入り口にはガマ侍、商店街の途中にはカエル大明神と通りのあちこちにカエルをモチーフにしたものが配されているのです。これは「女鳥羽川をカエルが住めるような綺麗な川に戻したい」という地元の人々の思いが込められているのだそう。古いものを大切にする松本ならではの商店街なのかもしれません。

 

 

昔の町並みを再現したというこの通りには、あちこちにベンチやイスがおかれているので観光で疲れた足を休ませるにもぴったりです。

ちなみに、商店街の途中には「四柱神社」、川を挟んで反対側には洋食屋や蕎麦屋があります。さらに表通りから一本道を入っていくと隠れ家的な蕎麦屋や、昭和薫るディープなお店も見つかるのでちょっと散策してみるのもおすすめです。

■縄手通り商店街
住所:長野県松本市大手3丁目~4丁目
電話番号:0263-35-7737(ナワテ通り商業協同組合事務所)
アクセス:松本駅から徒歩約10分

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。