佐渡の名産を堪能 「かき料理進栄」

 

 

実は佐渡もカキの養殖が盛んな名産地。とくに加茂湖のカキは身がキュッと締まって濃厚な味わい。毎年2月頃にカキ祭りが行われる他、「進栄」では1人前2500円でお腹いっぱい食べられます。

佐渡でとれるカキには岩ガキとマガキがありますが、加茂湖のカキは殻が小さいマガキ。開けてみると、身もやや小ぶりですが、味がギュッと凝縮されているため、口に入れるとカキの旨味が一気に広がります!

カキと言うと独特の臭いがありますが、加茂湖のカキは生臭さが少ないのが特長。カキは通常3年ほどかけて出荷されますが、加茂湖では1年程度の若ガキを出すため、よりフレッシュな状態で味わうことができます。

鍋やフライ、カキおにぎりなど、どんな調理法でも楽しめますが、おすすめはやっぱり焼きガキ! カキを炭火で焼くことで香りがさらに豊かになり、味もより濃厚に……。カキ自身がしっかりしているので醤油やレモンなどをつけずに食べるのがおすすめです。小ぶりなので、1人で10個はペロリといけちゃいます。

佐渡では毎年2月頃に「カキ祭り」が開催されますが、ここ2、3年は不漁の為、中止に。確実に食べたいなら「かき料理進栄」の定食2500円で全5品のカキ尽くしが堪能できます。

■かき料理進栄
住所:新潟県佐渡市吾潟2447
電話:0259-27-7844
営業時間:11:00~22:00(冬季のみ営業、要予約)
定休日:不定休
アクセス:両津港より車で約10分

※データは記事公開時点の情報です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。