Rabooについてまずは整理してみよう

Raboo

Raboo終了のお知らせ

楽天が直営で運営する電子書籍サービスRabooが2013年3月31日で完全に終了します。

楽天と言えばkoboという電子書籍サービスが有名ですが、あちらはカナダのkobo社が日本で展開する電子書籍サービスです。

まとめると、
  • Raboo:楽天直営の電子書籍サービス
  • kobo:楽天が出資するカナダのkobo社の日本での電子書籍サービス
になります。

Rabooの歴史

UT-PB1購入メール

ワクワクしながら購入したUT-PB1の購入メール。今となっては貴重なメールです。

Rabooは2011年8月10日にオープンした電子書籍サービスで、当初Panasonic製の電子書籍端末「UT-PB1」を専用機としてサービスを開始しました。後に、SONYの電子書籍専用端末ReaderもRabooのサービスに対応し、ReaderユーザーはSONYの電子書籍サービスReaderの他に紀伊國屋書店、楽天の各電子書籍サービスを利用できるようになりました。

しかし、Rabooの品揃えはSONYのReader Storeとほぼ同じで、相互書店利用のメリットが今ひとつ見えませんでした。これはRabooとReader Storeのコンテンツ供給元がbooklistaという会社であることに由来します。

また、koboのサービスは2012年7月19日に開始しました。そこで、Rabooのサービスとkoboのサービスがどうなるかが注目されましたが、2012年9月26日楽天から2013年3月31日をもってRabooのサービスを完全終了するという発表がありました。

Raboo終了による問題

RabooEnd

そして、Raboo終了のメール。こちらも今となっては貴重なメール

Raboo終了の発表により、Rabooユーザーの購入したコンテンツがどうなるかが注目されました。同じ楽天系列のサービスなので、Rabooで購入したコンテンツをkoboへ引き継げるものと普通は考えます。しかし、以前もガイドが記事にしましたが、サービスが異なることによるDRMの問題によりコンテンツがRabooからkoboへ引き継げない可能性が検討されました。

ニュースサイトの情報によればRabooとkoboはどちらもSONYやPanasonic等のAVメーカーが提唱するMerlinというDRMを使用しているとのことでしたが、結局koboへの引き継ぎは行われませんでした。

コンテンツの引き継ぎの問題は、Rabooに提供されている電子書籍のコンテンツフォーマットが日本語に特化しているSHARPの「XMDF」やボイジャーの「.book」であり、koboは世界展開しているため世界標準的な電子書籍フォーマットであるEPUBに対応しているという、kobo側にXMDFや.bookを見る機能が実装できなかったことによるものだとガイドは推測しています。

このような状況が重なり、Rabooユーザーが購入したコンテンツは何処にも引き継がれず、端末内にダウンロードを行なっていれば引き続き読むことは可能ですが、端末が故障したり、誤って端末内のデータを消してしまった場合は購入したコンテンツを見る手段がなくなってしまいました。

このことにより、電子書籍サービスはサービスの永続性というところに注目が集まっています。自分が購入した電子書籍はいつまでも読むことを保証してくれるのか?ということが各電子書籍サービスにつきつけられています。


Panasonicの「UT-PB1」に見るプラットフォームの重要性

今回の騒動で宙に浮いてしまったのがPanasonicの「UT-PB1」のユーザーです。もともと、Raboo専用機としての位置付けで発売され、Panasonicは電子書籍サービスのプラットフォームを持たずに端末だけ楽天に提供するという形を取りました。これは、SONYやBookLive!が発売した電子書籍端末に自社の電子書籍サービスを提供することとは異なり、電子書籍プラットフォーマーの意向に左右されるリスクが発生し、実際に今回の楽天の意向に電子書籍端末「UT-PB1」ユーザーが宙に浮いてしまう結果になったのです。

※「UT-PB1」は、のちのUPDATEで他の電子書籍サービスを利用できるようになりましたが、Rabooで購入したコンテンツは引き継げませんでした。

このことから、電子書籍サービスはDRMの問題である、どこの書店でどの端末でどんなコンテンツを買う自由がない限り、電子書籍サービスと電子書籍端末は一体のサービスでなければならないという事を表していると思います。

また、電子書籍プラットフォーム立ち上げにはかなりの投資が必要な様で、BookLiveは当初16億円の資本金を持って立ち上げた後、更に29億円の増資を行なっていることなどから、相当な覚悟を持って参入することになります。Panasonicは以前に電子書籍サービスをたちあげて撤退した経緯がありますが、今回はリスクを少なく他社の電子書籍サービスに端末を提供するだけにとどめたわけですが、同じく電子書籍サービスをたちあげて過去撤退したSONYとは違う結果になっています。

PanasonicはSONYやBookLive!が端末だけでなくプラットフォームを提供して総合的にマネタイズを図る戦略とは異なり、メーカーとして供給した形となったわけですが、Panasonicとしてもっと総合力を発揮してVIERAやDIGAなどと連携する事は十分検討できたはずです。例えば NTTぷららが提供するひかりTVブックは、STB(セット・トップ・ボックス)を介して、テレビで電子書籍が購入出来ます。購入した電子書籍を、所有するスマートフォンやiPadにダウンロードして楽しめるという形を取っています。Panasonicがプラットフォームまで提供していればこういったことも検討できたのではないでしょうか?
UT-PB1サイト

UT-PB1のページにRaboo終了のお知らせと楽天のRabooへのリンクが貼られており、今後のUT-PB1サポートについては特にアナウンスされていない。


結局、PanasonicはRabooのサービス終えるという説明をユーザーするにとどまり、合わせて「UT-PB1」をUPDATEにする事により、他の電子書籍サービスを利用できるとアナウンスしていますが、Raboo専用機として購入した当初、読書専用機としては安くない34,800円という金額を払った人たちはPanasonicと電子書籍業界にかなり失望したのではないでしょうか?

Rabooが残した傷跡

Raboo終了は普及の拡大に入った、電子書籍ユーザーに電子書籍サービスの永続性が重要であるということを気付かせてくれましたが、そのことにより、どの電子書籍サービスが続いていくのか?という判断をユーザーがすることになります。日本の電子書籍サービスは過去撤退をしており、「どうせ読めなくなるんでしょ?」という気持ちから「amazonなら多分撤退しない」という安心感のあるKindleを選ぶという心理も有るのではないでしょうか?

2013年3月31日でRabooのすべてのサービスが終了し、「UT-PB1」ユーザーは他の電子書籍プラットフォームでまた買い直すという手間と出費を伴います。果たして、そのような心理的な状況で電子書籍を楽しむことができるのでしょうか? そして、Panasonicは「UT-PB1」のサポートをいつまで行なってくれるのか?というところも気になるところです。

今後、Rabooに続く短命な電子書籍サービスが出ないことをガイドは願っていますが、電子書籍業界関係者から聞こえてくる話では、近いうちに再編が起こるのではないかと予想しています。ガイドの杞憂であれば良いのですが。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。