第75回東京インターナショナル・ギフト・ショー

寒風吹きすさぶ中、お台場の東京ビックサイトで開催された「第75回東京インターナショナル・ギフト・ショー」に行ってきました。
そうです、予告編「開催間近!【東京インターナショナル・ギフト・ショー】」の現地レポートです。

最新のデザインが集まるクォリティの高い見本市として認知されているギフト・ショー。出展社数2424社(内、海外18の国と地域から154社)、期間中、日本全国のみならず、世界各国から20万人の来場者(昨年2月開催実績:196,673人)のビッグイメントがギフト・ショー。

1

いつもの国際展示場。しかし、今日は超寒ー!(●クリックすると画像が拡大します。)

今回のテーマは、『潤いのある花とグリーンと生活雑貨の“ナチュラルライフスタイル”の提案』。
庭やアウトドアの美しいものを身近に置いて楽しむスタイル、植物と個性的な生活雑貨を組み合わせて、花束を飾るような感覚で生活空間をナチュラルに編集する……そんな“住まいに自然を取り入れた、自然との共生”が各ジャンルのアイテムとコーディネートで味わえるテーマだが、筆者のお目当ては素敵なアイテムの発見なのだ。
2

東展示場風景  (●クリックすると画像が拡大します。)



さて、インテリア・ファニチャーデザインを生業にしている筆者が何故ギフト・ショー………に?

時にはギフトとして重宝するインテリアアイテム

今やインテリア・ファニチャーは、ジャンルを超えて様々なシーンに存在するクロスオーバーアイテム。暮らしの中の道具としてではなく、時にはアートであり、時にはギフトとして重宝する。
家族の記念や友人へのプレゼントとしての素敵なアイテム…単なる使いやすい、機能的、快適云々ではなく、人が楽しくなったり、お部屋を華やかにしたり、暮 らしを彩るアイテムとしてデザインされたモノに出逢う楽しみが……、いや『ギフトの目線』だからこそ出逢うアイテムが、ココにある。

3

カラフル雑貨が沢山! (●クリックすると画像が拡大します。)

早速、会場に入ると流石ギフト・ショー、カラフルな雑貨や見慣れたキャラクターグッズで大賑わい。
5

あっ、スターウォーズグッズ!おのぼりさん状態の筆者 (●クリックすると画像が拡大します。)

広大な会場スペース、種々雑多のジャンルとアイテム、来場者数も半端じゃぁなく、こんなに大賑わいの展示会イベントはギフト・ショー以外では体験出来ないと言っても過言ではない。マジにすべてを観ようとするととてもとても1日では見切れません……で、興味をそそられない(スミマセン!)ところは適当にスルーして目的のコーナーへ。

折り畳み椅子『fluxchair:フラックスチェア』に新アイテム!


6

ココです、ココ! (●クリックすると画像が拡大します。)

お目当ての「ホームファニシング」コーナーへ。

前回のレポート「ギフト・ショーで発見!新デザインアイテム」でご紹介したオランダで生まれた「fluxchair:フラックスチェア」に早速ご対面。

7

カラフルで愛嬌のあるデザインチェア (●クリックすると画像が拡大します。)

相変わらずカラフルで愛嬌のあるデザインチェア、かわいいジュニアサイズも登場している。
商品紹介は「アントレックス」。
オランダの学生が卒業制作にデザインした椅子を基に、卒業後友人と自分たちの会社を設立しチェアプロダクトを実現した。『“折りたたむ=フォールディング”をコンセプトに商品開発をする若い世代のプロダクトをご紹介したい』と語っていたアントレックスの役員の言葉が残っている。

1枚の取手付きシートを折り紙のように組立てると快適チェアに簡単に変身する「fluxchair:フラックスチェア」、最初にであった時から一目惚れのアイテムだ。
椅子の組立ての様子はオフィシャルホームページで紹介されているので是非ご覧下さい。

今回はスツールもシリーズに加わっている。販売はこれからとのこと。
8

新シリーズも! (●クリックすると画像が拡大します。)


商品説明にipadをディスプレイに使用しているのでその一部を拝借しながら、スツールの組立ての様子をご紹介しよう。
ポリプロピレン製の本体は、そー、ダンボールのパッケージだと思って頂きたい。
 
11

ipadで組立の様子が、、 (●クリックすると画像が拡大します。)


強度を得る為に曲面構成のパッケージを四角状に(ダンボールの梱包箱を組立てるように)広げる。

30

ipadで組立の様子が、、 (●クリックすると画像が拡大します。)

蓋をするように両端から上面材を織込んでしまえば完成!いたって簡単な組立て方法。細部を観ると理にかなった組立て(フォールディング)ディテールとなっている。

9

カラフルです!(●クリックすると画像が拡大します。)

フォルムもそうだが、カラフルな色使いがこの「椅子」の魅力。室内でも屋外でも使用出来、不要な場合は折り畳んでしまえる「fluxchair:フラックスチェア」は、暮らしのエッセンスになる椅子だ。

他に発見アイテムが……次のご紹介は『置くをデザイン』。