北欧ノルウェーでオーロラ!
ベストシーズンとおすすめの鑑賞地

ノルウェーのオーロラ

北欧ノルウェーのオーロラ観測地として多くの観光客が訪れるトロムソ。現地では多くのオーロラツアーなどが企画されている (C) Gaute Bruvik. Visitnorway.com


日照時間の短い、秋後半~冬(10~3月)
18時~深夜1時頃がベストシーズン!

ノルウェーのオーロラ

最北部フィンマルク県でみるオーロラ (C) Terje Rakke/Nordic Life - Visitnorway.com

ノルウェーでのオーロラ観測は、日照時間の短い、秋後半~冬~初春頃(9月21日~3月21日)の18時~深夜1時頃がベストシーズンとされています。

天候によって、その日に見える空の雰囲気も大分異なります。9~11月はノルウェー北部はまだ湿っており、雪もまだあまり降っていない状態でオーロラを見ることができます。

雪が多い12月からはドライな空気となりはじめます。12月と1月は日中時間が短いため、オーロラで輝くドラマチックな北極の夜空を長時間楽しむことができます。

2月と3月は日中時間が長くなりはじめます。日中は雪に覆われた絶景の自然風景を楽しみ、夜にはオーロラ観測をすることができるでしょう。

ノルウェーの観光案内サイト「Visit Norway」のオーロラページによれば、10月、2月、3月がオーロラ観測ができるおすすめの時期だそうです。

次のページでは、おすすめのオーロラ観測地をご紹介いたします!