nosareina

取材後の野佐怜奈さん

久しぶりに、歌姫という言葉がぴったりの歌手としての存在感のある方に出会いました。彼女の名は、野佐怜奈。「その名はスペィド」、響レイ奈、そして現在も活動中のノーサレーナとしての活動を経て、野佐怜奈としてソロデビュー。デビュー作『don't kiss, but yes』は、元Pizzicato Fiveの高浪慶太郎さんの全面的プロデュースの元、豪華なゲストを迎え、“今”と“あの時代”を交差させてくれます。2013日2月3日、代官山の「山羊に、聞く?」にて、野佐怜奈さんに高校時代から現在まで至るまでのお話を訊かせていただきました。

久しぶりの関西ライヴ

ガイド:
先日の 心斎橋JANUSであった初春音演会で、野佐さんのライヴを初めて見せて頂きました。すごく楽しかったです。関西でライヴをするのは、初めてですか?

野佐怜奈:
「その名はスペィド」(以前所属していたグループ)として一度関西でライヴをしたきりで、かなり久しぶりでした。

ガイド:
関西が大好きとかお聞きしましたが、野佐怜奈としてソロで関西でライヴをやってみてどうでした?

野佐怜奈: 
関西は久しぶりなので最初は不安でした。でも、幕が開いて、既に手拍子ありだったんで内心よかった~と(笑)。関西の人はあたたかいなぁーと。

スペィドに入るまで……

ガイド:
あのライヴの後、野佐さんの経歴についてネットでいろいろ調べてみたのですが、とても混乱してしてしまいました。じゃ、時系列で野佐さんヒストリーを教えてください。

野佐怜奈:
はい、分かりました(笑)。

ガイド:
先ほども出て来た「その名はスペィド」が、シンガーとしてのデビューなのですか?

野佐怜奈:
はい。スペィドがキャリアのスタートでした。高校でコーラスをやっていて、大学に進んでからは学校の授業とは別に、何名かクラシック系の歌の先生に師事しました。ニューヨークに行ったりもしました。ちなみに一番印象的だった先生は横須賀基地の教会でピアノを弾いていたアメリカ人の先生。日本に来る前はアメリカの劇場で働いていた先生にそこでレッスンを受ける事になって、教会で歌ったりしました。そのときは基地に住んでる人が最初のお客様で、全然上手くもない歌だったと思いますが泣いてくれる人もいて。言葉の壁を超えて感動してくれるなんて歌ってすごいなぁと。歌手になりたいと意識し始めてた頃です。

スペィド加入後……

ガイド:
では、かなり違うジャンルで歌っていたのですね。

野佐怜奈: 
そうですね。その後、バンドメンバー募集の掲示板を見ていて出会ったのが、始動する前の「その名はスペィド」。コーラス&ダンスを募集していました。応募して、なんとか合格(笑)。数回ライヴをした後、初代の方からフロントアクトを受け継ぐことになりました。

ガイド:
dialswomawase

ダイヤル"S"をまわせ!

僕はスペィドを一度見ているのですが、その頃は既に野佐さんは居られませんでした。2009年3月に発売されたファースト・アルバム『ダイヤル"S"をまわせ!』まで活動をしていたのですか?

Amazon.co.jp

野佐怜奈:
はい、そうです。本当にいろんな所でライヴをさせてもらって、ようやく4年目にCDが発売になりました。

響レイ奈として

ガイド:
スペィドの後は、響レイ奈としての活動という事であっていますか?

野佐怜奈:
あっています。歌にもう少し向き合える活動がしたくて。

ガイド:
これは、考え過ぎかもしれませんが、「響レイ奈」って変換すると「日々綺麗な」となりますね。

野佐怜奈:
全然意識してなかったですけど、結構いろんな方から言われますね。あ、実は最初「西園寺レイ奈」というのも候補でした(笑)。ゴージャスで昭和な雰囲気の名字にしたかったんです。

ガイド:
gunandthewoman

ピストルと女

『ピストルと女』というアルバムを2011年にリリースされていますね。タイトル曲しかまだ聴いていないのですが、しっとりと不幸を歌い込んだ昭和歌謡路線ですね。僕は歌詞が好きで……「その後、死ぬから」と歌う部分。でも、男としては究極の恐怖を感じます。

*diskunionと京都のJEUGIAで販売中

野佐怜奈:

そうかもしれない……。女の恨みは怖いですからね!

ちなみにその名はスペィドは当時、60年代とか70年代の楽曲の雰囲気も濃くて。昭和歌謡系のライヴイベントやDJイベントにもたくさん呼んで頂きました。若い世代でもクールなものとして受け入れてくれる人が多くて、イベントは盛り上がっていましたね。偉そうなことはいえないですけど、そういう印象です。それと純粋に、昭和の曲は、歌が際立っているものが沢山あるなって。ソロで歌ってみたいと思っていた時に、たまたま青い部屋(当時)でイーガルさんに出会いました。彼は現代音楽作曲家でピアニストなんだけど、歌謡曲も作っていたんです。「良かったら歌って欲しい曲がある」と言われ、「ソロになるからお願いします」というやり取りがあったような気がします。その曲が「ピストルと女」でした。

ガイド:
響レイ奈としての活動は現在は休止なのですか?

野佐怜奈:
現在、ソロでの活動は「野佐怜奈」です。

ノーサレーナが先? 野佐怜奈が先?

ガイド:
では、次に2010年に結成されたノーサレーナ。これは、野佐怜奈のカタカナ表記ともとれますが、ノーサレーナが先、それとも野佐怜奈からノーサレーナになったのですか?

野佐怜奈:
野佐怜奈は本名なんですよ。

ガイド:
じゃ、野佐怜奈からノーサレーナ。まるで芸名のような名前ですね。ご両親、センスがいいです。

野佐怜奈:
ありがとうございます。デザイナーなんです。

ガイド:
タイミング的にはノーサレーナは、響レイ奈とも平行に進んでいた時期もあったのですか?

野佐怜奈:
はい。

ガイド:
ノーサレーナは、コハ・ラ・スマートさんを中心に結成されたクールでレトロなラウンジ・テイストですね。このグループに入るきっかけは?

野佐怜奈:
コハ・ラさんに「何か面白いことしましょう」とスカウトされました。イベントで何度か共演していたご縁があって。

ガイド:
bodytouchmelody

BODY TOUCH / MELODY

ノーサレーナの方は、現在も活動進行中と考えて良いのでしょうか? シングル『BODY TOUCH / MELODY』が2011年にリリースされていますが、アルバム・リリースの予定もあるのでしょうか?

*京都のJEUGIAで販売中

野佐怜奈:

まだ発表できませんが、予定はあります。

そして、野佐怜奈について

ガイド:
dontkissbutyes

don't kiss, but yes

やっと野佐怜奈さんのソロについて話が出来ます。昨年の10月にリリースされたアルバム『don't kiss, but yes』に収録されている「嘘つきルージュ」が超ストライクで耳から離れません! これは、全曲の作曲とプロデュースをされた高浪慶太郎さんが作詞もされた曲ですが、高浪さんとはどのようなきっかけで、一緒にやる事になったのでしょうか?

Amazon.co.jp
YouTube(「嘘つきルージュ」)

野佐怜奈:
私を担当してくれていたプロデューサーさんと「大人にも響く上質なポップスを」という風に話が盛り上がって、元Pizzicato Fiveの高浪慶太郎さんにサウンドプロデュースをお願いすることになりました。「OKを頂いた」と電話で聞いたのは渋谷(笑)。ちなみに、高浪さんとはその名はスペィド時代に一度共演したことがありました。これまた偶然にも青い部屋。なんだかご縁を感じますね。その後、東京~長崎間でネット上での打ち合わせを重ね、レコーディングに臨みました。

1stアルバム『don't kiss, but yes』には、高浪さんと繋がりの深いミュージシャン・エンジニアの方々がアルバムに沢山参加してくださいました。本当に嬉しいことに、2012年11月のリリースライブではポータブル・ロックさんがライブをして下さったり、野宮真貴さんとも一緒に歌わせて頂いたり。twitterで「何の祭りだ」って書いてくれてる人がいましたけど、私のステージでも鈴木智文さんと中原信雄さん、元ファントムギフトのサリー久保田さん、ヒックスヴィルの中森泰弘さんや、栗コーダーカルテットの川口義之さんなど豪華なミュージシャンの皆様に参加して頂きました。『don't kiss, but Live!!!』は、本当にお祭りみたいでしたね。

ガイド:
「身の程知らず」は、元・相対性理論の現・アゼル&バイジャンの西浦謙助さんの作詞ですね。こちらの曲も大好きなんですが、先日のライヴでも共演されていたタルトタタンの亀高綾乃さんがコーラスに参加されていますね。

野佐怜奈:
タルトタタンはレーベルメイトで、コーラスをお願いしました。

マリアンヌ東雲さんと

ガイド:
「ランブルスコに恋して」は、マリアンヌ東雲さんとの共演ですが、マリアンヌさんとは以前からお知り合いだったのでしょうか?

野佐怜奈:
彼女と最初に会ったのは……新宿JAMで共演したときですね。最初お互いツンツンしてたかも? でも、今はよく会いますね。

『don't kiss,but Live!!!』でもデュエットしてもらって嬉しかったです。よく支配人室(マリアンヌ東雲様の自宅)でも何人かで女子会したり。キノコホテルの札幌公演にも4月14日にゲストで出演させて頂きます。彼女と私の対談がHPに掲載されているのでよければ見てみて下さい! 性格は正反対なんですけど何か妙に気があいます。ちなみに、野宮真貴さんや高浪慶太郎さん、作詞で参加してくださった田中貴さん、西浦謙助さん、コーラスで参加してくれたタルトタタン亀高綾乃ちゃんとも対談させてもらいました。

ガイド:
この曲は、野佐さん自身が作詞されていますが、ランブルスコっていうお酒の曲。お酒の歌を作りたかったのですか?

野佐怜奈:
この曲は、最初に音が出来ていました。ちょうどその頃、ランブルスコが私の周囲で流行っていて、変な名前だなぁと思っていて。ふと「ランブルスコに恋して」の歌詞を思いついて、ちょうどサビとピッタリ合ったので使う事になりました。お酒も好きですけど(笑)。

歌手はドラマの演者

ガイド:
さて、ここまでの経歴も含めたお話を聞いて来て、野佐さんは変幻自在、懐が深いと感じます。同時に、それらは全く違うベクトルを向いている訳ではなく、表現者としてのこだわりを感じますが、どうなのでしょうか?

野佐怜奈:
もともと、歌うことがとても好きなんです。人それぞれ得意なこと、好きなことがあると思うのですが、私は歌でした。シンガーソングライターさんにも憧れますが、やはり歌を中心にやっていきたい。歌手は曲の中で情景や心情を演じる人だと思います。楽曲は一つのドラマで、プロデューサーさんはその監督。ドラマと監督の両方が無ければ私は歌手ではいられないと思います。

ガイド:
僕は、野佐さんのファッションもとても好きですが、野佐さんのファッション哲学みたいのがあれば、ぜひ聞きたいです。

野佐怜奈:

ありがとうございます(笑)。哲学……偉そうなことは言えませんが、その日のコーディネートにテーマを作ることと、出来るだけヒールの靴を履くことと、見えないお洒落にこだわることです。ちなみに、ヴィンテージアイテムを取り入れたファッションが好きですね。今日はワンピース、ポンチョは60年代の古着で。今ものとミックスしながらコーディネートするのが楽しいです。ヴィンテージの良いところは、昔誰かが着ていたり、デッドストックで誰かが保管していたりで、今ものに比べると、愛がたっぷりです(笑)。

ガイド:
目標にしているとか憧れの対象とかがあれば、教えてください。

野佐怜奈:
野宮真貴さんと、オードリー・ヘップバーンです。チャーミングな方に憧れます。

ガイド:

長い間、お話しいただき、ありがとうございました。また、違う名義でやるとか?

野佐怜奈:

違う名義での予定は特にないです。今日はありがとうございました!

野佐怜奈オフィシャルサイト(特集アーティスト対談もぜひ読んでください)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。