「辛いものをたくさん食べていたらヤセる?」

答えはウソです。
辛い物を食べると発汗するのでヤセると思っている方は多いはず。唐辛子はカプサイシンという発汗脂肪燃焼促進効果があり他にも羊肉には脂肪燃焼に関係しているL-カルニチンを多く含んでいます。しょうがはジンゲロンという成分が脂肪燃焼促進効果があると言われています。あくまで有酸素運動との併用で脂肪燃焼効果が期待できるので食べただけでヤセるとは言えないのです。

さらに辛味は油と結びつくことによって辛さを引き出すことができます。坦々麺、ラー油、火鍋などは思ったより油分が多くハイカロリーなものも多いです。食べるだけで満足せずに歩きましょう。

どうでしたか。ダイエットは一時的に体重を減らすものではなく、落ちた体重をキープすることが大事です。長い目で見て続くことを選びましょうね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。