バッテリが一番傷みやすいのは?

満充電量を設定する画面

満充電量を設定する画面

どれだけの人がご存じか分かりませんが、リチウムイオン電池(だいたいがこれ)だと、100%の充電状態を維持するのが一番劣化しやすい保存状態です。ノートPCだと、自宅あるいはオフィスではACアダプタをつなぎっぱなしにして、稼働中はACアダプタから給電されバッテリは常に100%状態となっていませんか?

バッテリは充電可能であれば充電されるので、ACアダプタをつないでいる限りバッテリから給電されることはありません(ACアダプタが抜けたとき、停電時は別として)。

ACアダプタをつないでいるときは、バッテリを外した方がいいと言われる一種の都市伝説みたいなのは、ここから派生しているのではないかと思います。しかし、バッテリを外してPCを使用していると物によってはマザーボードが傷みやすくなることもゼロとは言えず、また、停電時や緊急の持ち運び時に充電していないと持っていけないなど、どちらも選びがたいのが現状です。

100%状態にしない対策!

この画面では80%に設定している

この画面では80%に設定している

そこで、バッテリを100%まで充電しないために、ノートパソコンの電源管理にバッテリの充電状態を設定できる項目があれば、給電終了を設定する機能があるはずなので、そこで設定しておきましょう。そうすれば、常に100%状態となることは避けられます。(MacOSについての管理方法は不明です……)

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。