残量の範囲に注意して使い、長く利用しない時は外す

現在最も普及しているリチウムイオン電池について回答します。長持ちさせるコツは主に二つです。

  1. 満充電(100%充電)と過放電(0%充電)の状態を極力避ける
  2. PCを長期間利用しない時や、ACアダプタによる駆動が普段メインなら、バッテリを本体から取り外しておく

1について、充電量が満タンや空に近い状態での使用が劣化を早めてしまうことが分かっています。目安としては、充電量が20~80%の範囲で継ぎ足し充電し、かつ充電回数を少なく使うのが良いと言われています。

最近のノートPCでは一部のメーカー・機種で80%で充電を自動的に制限してくれるものがあります。そのような機能がない機種は、例えば「BaTray」のようなバッテリーモニターソフトで残量を上手に監視しながら利用されると良いでしょう。

2について、バッテリーパックは50%程の残量で涼しく湿度が低い場所に保管し、長期使用しない場合は数ヶ月に1度点検のためPCに装着して充電度合いを確認します。

私の場合は職場で利用しているノートPCですが、3年近く使っていてバッテリーの劣化は今のところ特に感じられません。

※データは記事公開時点のものです。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。