【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)


住信SBIネット銀行の外貨預金がおすすめの理由

外貨預金では、預入時と払戻時に為替手数料が必要です。たとえば、為替レートが1米ドル=90円、為替手数料が1米ドルあたり1円なら、1万米ドル預金するには91万円必要です。また、同じレート・手数料で、1万米ドルを払い戻したとき、受け取る金額は89万円です(※)。このように、預入と払戻で2回分の手数料がかかるので、為替手数料が1円なら、為替レートが2円以上円安にならないと損失が出ます(金利を無視した場合)。

※実際には買付(預入)レート91.00円、売却(払戻)レート89.00円のように、手数料込みで表示されます。

手数料が最安

下記は1/20現在、1通貨あたりの為替手数料。

住信SBI 米ドル0.09円 ユーロ0.15円 豪ドル0.40円
ソニー銀行米ドル0.15円 ユーロ0.15円 豪ドル0.45円
楽天銀行 米ドル0.25円 ユーロ0.25円 豪ドル0.45円
三菱UFJ 米ドル1.00円 ユーロ1.50円 豪ドル2.00円(窓口)

金利が最高

下記は1/20現在、1年もの定期の税引前利率。

住信SBI 米ドル0.20% ユーロ0.01% 豪ドル2.50%
ソニー銀行米ドル0.07% ユーロ0.04% 豪ドル1.85%
楽天銀行 米ドル0.07% ユーロ0.04% 豪ドル2.28%
三菱UFJ 米ドル0.01% ユーロ0.01% 豪ドル1.32%

未ログインでも充実した情報が見られるから、納得して始められる

住信SBIでは、5種類の表示期間(1日~1年)が選べる通常のチャートに加え、テクニカル分析などの機能がついた多機能チャートも、未ログインで利用可能。どのような要因で為替相場が動いたか解説したマーケットレポート(毎日配信)も、未ログインで閲覧可能です。口座開設前に各通貨の値動きの特徴や現状をしっかり把握したうえで、納得して始められます。

多彩な注文方法があるから、寝ている間に売買できる

通貨はほぼ24時間世界のどこかで取引されているので、それに合わせて外貨預金の取引も、ほぼ24時間行われています。でも住信SBIなら、寝る間を惜しんで値動きを監視したりする必要はありません。値段と1週間までの注文期間を指定する指値注文や、買いと売りなど同時に2種類の注文を出す複合指値注文などを使えば、ほっといても自動的に売買が成立します。

 

 

 

 

 

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。