あらかじめ擦れやすい部分に大きめの絆創膏を貼っておくこと

アイススケート場へ行くとなると、多くの方はスケート靴をレンタルされるのではないでしょうか?

となると、普段から履きなれた靴とは勝手が違い、靴擦れを起こす可能性が非常に高くなります。特に、幅の広い足の形の人などは擦れやすくなりがちです。

みんなで楽しい時間を過ごそうと思ったにもかかわらず、ひどい靴擦れを作ってしまい、泣く泣く見物をした経験のある自分にとっては、それ以来、絆創膏はマストアイテムとなりました。

靴擦れは作ってしまってからでは遅いので、スケート靴に履きかえる前に、あらかじめ擦れやすい部分に大きめの絆創膏を貼っておくのが一番の対策となります。

以前、スポーツ用のテーピングテープを貼ってみたり、さまざまな工夫をしてみましたが、やはり絆創膏は、間にガーゼが挟みこまれている分、クッション性もありますので、一番適した予防ができると思います。

市販されている絆創膏の中でも、一番大きいサイズのものよりも、フリーカットサイズ(自分の好みの大きさに切って使うもので、自分はいつも100円ショップで購入します)の方が、一枚の面積がより大きく、広い部分をカバーできるのでそれを使っています。

私の靴擦れができやすい部分は、親指と小指の外側、そして足の内側の土踏まずあたりです。その部分を重点的に保護しておくと、快適にアイススケートが楽しめるようになりました。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。