アイススケートの後にも、動物と触れ合ったり、遊び場が多いのも魅力

 

 

こどもの国のアイススケート場は、「こどもの国」の中にあり、冬季限定で開場しています。

マイシューズが無くても、レンタルシューズ(サイズは16cm~28cmの0.5cmきざみ、29cm、30cm)があります。サイズがちょっと合わなくて交換したい場合も、スタッフが近くにいるのでお願いしやすいです。

リンクで必須の手袋は販売あり。子供用もしっくりくるサイズがあり、200円だったと思います。

コインロッカーや救護室、授乳室、トイレがあり、不自由な思いはしなかったです。リンクのすぐ外に焼きおにぎり、カップラーメン、肉まんなど食べるものもいろいろ販売されています。レジャーシートを広げられるスペースもあり、お弁当を持ってきてもよいですね。

リンクは屋外にありますが、大きな屋根があり、日差しや雨など氷へのダメージが少なく、定期的に氷も整えているので滑りやすい状態が保たれています。また、浄水ろ過した水を凍らせているようです。

時間によっては初心者用に全体レッスンを行っていました。リンク上にスタッフもいます。

お子さん連れの場合、アイススケートの後にも、動物と触れ合ったり、遊び場が多いのも魅力ポイントだと思います。


■こどもの国 アイススケート場
住所: 横浜市青葉区奈良町700
営業日時: 2012年12月16日(日)~2013年2月24日(日)  10:00~16:00 (入場は15:00まで)
公式ホームページ:こどもの国 アイススケート場

※上記データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。