足元の安定はシューズ選びから

初心者ならば、刃が太く安定性が高いフィギュアスケート用のシューズがおすすめです。アイスホッケー用、スピードスケート用はフィギュア用に比べ刃が薄く体重のバランスがとりにくいためです。なによりも大切なのは、足に合ったサイズを選び、ヒモもしっかり結ぶことで足元の安定を図ることです。

滑るときは膝で進むようなイメージで

歩くときのように足首を動かしてはバランスを崩します。膝で進むようなイメージでスケートに乗るといいと思います。片足ずつ交互に重心をかけ、長くゆっくりスケートに乗る練習をするとバランスがとれるでしょう。腰の位置はなるべく低く、手は膝の高さあたりに持ってくるとさらに安定します。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。