指を痛めないように注意すること

■STEP1
球の穴に中指のみ入れる。

■STEP2
通常投げる位置より少し右側に位置をとる(右利きの場合)。

■STEP3
通常位置より肘を右側に開き、投げる際に右腕をひねるようにして、真ん中を狙って投げる。

注意:あまり慣れないうちに何度も練習すると指を痛めてしまうかもしれないので、最初のうちは回数を限って練習することをおすすめします。  

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。