普段はいている靴よりワンサイズ大きいものを選ぶこと

普通のシューズとボーリングシューズとの違いは、底の固さにあります。

ボーリングシューズというのは、ボールを投げる際に床を傷つけず、投げやすいように滑りやすくデザインされているのです。

一般的なボーリングシューズだと右利きの人の場合には、右足の靴底は滑りにくく、左足の靴底が滑りやすいといった具合で作られていますが、レンタルシューズの場合にはほとんどの場合が両足とも滑るように作られていると思って良いでしょう。

底の固さが違うと何となくはき心地も違ってきますよね。ボーリングシューズを履いたことのある方はご存じだと思いますが、足当たりもハードな感じがします。

あまりタイトなサイズのものを選んでしまうと、ゲームをしているうちにどんどんつま先が痛くなってきてしまうこともあるので注意が必要です。私のおすすめは、普段はいている靴よりワンサイズ大きいものを選ぶことです。

ワンサイズくらい大きくても、だいたいのシューズはマジックテープなどで微調節ができるようになっていますので安心してよいと思います。ただ、履いてみてあまりにも大きいと感じた時には、カウンターでワンサイズ小さいものと交換してもらいましょう。

また、レンタルシューズを履く際には靴下を履きます。この時に出来るだけ厚手の靴下を選ぶと靴擦れがありません。サンダルやミュールなどを履く女性の方は、とくにボーリングに行く際には靴下を忘れず持っていくようにしましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。