マイボールの利点と選ぶコツ

 

 

マイボールの利点は、自分の指に合ったボウルに穴を(ドリルするといいます)あけられることです。

重さはいつもハウスボールで使っている重さにプラスして、1~2ポンド重くできます。指が自分に合っているため、多少重くても重く感じず、重くなったぶん投げたときのピンアクションも強くなると思います。

ホールのプロショップへ相談してみれば良いと思いますが、スペアボール(曲がらないボール)で1万前後から、通常は2万円前後から作れると思います。

ホールのイベントで、マイボール・マイシューズを持とう!なんてキャンペーンをしていると思います。そこで提示してるボールが、意外といいボールであることも。また、最近のモデルではなく、旧モデルを破格値で提供している場合もあります。

旧モデルでも、リリース時は最高のスペックを誇っていたため、ネットで検索してみると、びっくりするスペックだったりします。そのセットが気にいらなければ、プロショップの方に相談して見ましょう。在庫を見て、安いものを見つけてくれるかもしれません。

専門的になりますが、ボールそれぞれに回転半径(RGといい、ボールが回転し易いかしにくいか)や回転半径差(デルタRGといい、投球時に生じる振れ幅)の違いがあります。

しっかりとしたドリラーさん(ボールに穴を開けてくれる人)がいるショップは、試し投球をさせて、その人に合った穴位置を決めていきます。同じボウルでも、それぞれ曲りが違ってきます。

まずは、自分でどれが良いかと悩むよりも、プロショップへ相談してみましょう。また、デザインもいろいろですので、性能よりもデザインで選んでみるのも楽しいかもしれません。

あとは、必ずフィンガーグリップ(中指・薬指の穴のシリコングリップ)とサムリゾット(親指側のホール)を付けてもらって下さい。後々調整や交換が可能です。 もちろん、穴のあけ直しもできますので、具合が悪いときはそうしてみて下さい。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。