適当なメイク落としがクマの原因に

以前、メイクの仕事をしている知り合いにメイク落としについてのお話を聞いたことがありました。

特に適当に落としがちだったり、強く落としがちだったりするアイメイクが実はやっかいな「クマ」を引き出すということを知り、それ以来、メイク落とし(特にアイメイク)は念入りにするようになりました。

■メイク落としの方法

  1. コットンに専用のアイメイク落としを付けて優しくふき取ります。このとき、力任せにせず少し目の上でメイク落としをなじませる感じにすると落としやすくなります。

  2. アイメイクを落とした後は、さらにメイク落としを顔全体に塗り、顔全体のメイクを落としながらも再度、目元を優しくなでるような感じで残っているメイクを落としていきます。

  3. ぬるま湯(特に冬場は水ではなくぬるま湯を使いましょう)でしっかりとメイクを落とします。

  4. 洗顔フォームでも洗顔石鹸でも構いませんが、たっぷりの泡を作って包み込むようにお顔を洗ってください。

  5. 化粧水などを付ける前に蒸しタオルを目元に乗せます。
    (蒸しタオルの作り方→湿らせたタオルをレンジで30~40秒チンします。)このとき、目の下の部分を優しく押すような感じで。ただし、熱いときにはムリはしないで、少し冷めるまで待ちましょう。

  6. 十分顔全体が温まったら、化粧水や乳液をつけます。そしてできれば目元専用のアイクリームをつけて、目の周りをマッサージして血行を促進させてください。

事前予防にもなるクマ対策

毎日できない日もありました。特にクマがひどいと感じたときに、数日間徹底的にケアするような感じでしたが、この方法を行うようになってからは、クマがすぐに取れるようになりました。

また、すごく疲れてクマが出そうだと感じたときにも、事前に行うことでクマができるのを防ぐことができます。

※アイクリームなどはお手持ちのもので構いません。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。