DIYで作る二重窓

冬は家の中が寒い!という方にオススメなのがDIYで作る簡易二重窓です。既存の窓を二重窓にすることによって、窓からの冷気を室内に入りにくくしてくれます。そしてエアコンや暖房の効率も上がるので省エネにもつながります。今回は3種類のDIY手作り二重窓の作り方をご紹介します。
二重窓

DIYで簡単に作れる二重窓です



必要な道具

道具

道具の準備をしておくと作業がスムーズ

簡易二重窓に使用する共通の道具です。事前に下記のものを用意しましょう。
●コンベックス(メジャー)
●プラスチック用ノコギリ(金ノコや目の細かいノコギリでもOK)
●大型刃のカッター
●マジック
●両面テープ(薄手の一般強力用)
●ヤスリ(紙ヤスリは120番くらい)
●定規(出来るだけ長いもの、1Mくらいが使いやすい)
●セロハンテープ

 


ポリカーボネイト

ポリカーボネイト中空板の断面

窓の面材で使うポリカーボネイト中空構造板の切断はホームセンターのカットサービスを受けられる場合があります。きれいにカットしてもらえるので、切るスペースがとれなかったり、持ち運びが大変な場合はお願いしましょう。

その場合、上下のレールを取り付けてから寸法をしっかり測った方が間違いがないでしょう。カットサービスを利用する場合は長い定規は使いません。

 


簡易二重窓にするための確認

寸法

寸法を確認します

まず既存の窓に取り付けることができるかを確認します。窓の内側の枠に30mm以上の奥行きがあるか測ってください。

 
クレセント錠

クレセント錠の持ち手の確認をします

クレセント錠の持ち手がぶつからないかも確認しましょう。ぶつかってしまう場合は既存の窓が開けられなくなる場合があるので注意しましょう。

 

窓の寸法を測る

窓の内寸を正確に測りましょう

窓の内寸を正確に測りましょう

窓の内寸をコンベックスで測ります。しっかりとメモを取りましょう。窓枠が歪んでいる可能性もあるので、左右、真ん中の高さと上下、真ん中の幅を測ります。もし寸法差がある場合はパネルで調整をします。

 

それでは、早速簡易内窓の作り方をご紹介しましょう >>