焼肉の後、カルビが残ったりすると、次の日は雰囲気を変えてあっさりと山芋焼きを作ります。納豆とお野菜だけでもあっさりで美味しいですが、ちょっと旨みを求めるならばカルビを入れるとGOOD! タレのコクも混ざって、食べ応えが出ますよ。

材料

  • 残ったカルビ(細切れなどでもOKです)
  • 納豆 2パック
  • 山芋 250g
  • 長ネギ 1/2本
  • レンコン 1房
  • 人参 1/4本
  • ごぼう 1/4本
  • 麺つゆ 大さじ4
  • 片栗粉 大さじ2
  • 七味、胡椒、適量

作り方

  1. 長ネギ、人参、ごぼうは千切りにします。ごぼうは水にさらしてアクを抜きます。
  2. れんこんは扇型に切って、水にさらしてアクを抜きます。
  3. 山芋は皮をむいておろします。その中に水に溶いた片栗粉、麺つゆを加えてよく混ぜます。そこに1と2と納豆、七味・胡椒を加えよく混ぜます。
  4. フライパンに胡麻油を熱し、そこに3を5cm大の大きさになるよう円状に流します。焦げない程度に4、5分ほど両面を焼きます。

納豆と山芋のもっちり感、根菜の食感、そしてお肉の旨み・脂肪部分のカリッと感が混ざって、なんとも面白い1品です。キャノーラ油などで焼くともっとさっぱりします。また、梅・大葉を加えると、さらにさっぱり大人向けの味に仕上がります。

是非試してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。