寝る前や疲労を感じた時のドリンクとしてもおすすめ

 

 

料理にお菓子にと何にでも合う柚子ですが、これを使ったホットドリンクは、身体を芯から温めてくれ、味もどなたにも好まれるのでおすすめです。

柚子は非常にさわやかな香りがしますが、この香りには鎮静効果や眠りに導く効果などもあるそう。そのために寝る前に身体を温めるドリンクとしても、疲労を感じた時のリフレッシュ効果用のドリンクとしても効果的なのです。

■材料
  • 柚子
  • はちみつ
  • 生姜
■作り方
  1. 柚子の皮の千切りを作る。(一度にたくさん作って、1回に使う量を小分けにしてピチッとラップで包み、保存袋に入れて冷凍しておくと便利なのでおすすめです)
  2. 生姜はたっぷりとすりおろします。
  3. 耐熱グラスに好みの分量だけ、はちみつを入れ熱湯を少しそそぎ、はちみつをよく溶かします。
  4. すりおろし生姜と柚子の千切りをグラスに入れ、さらに熱湯を注ぎます。

温め以外の効果も

すりおろした生姜の辛み成分、ジンゲロールやショウガオールは血管を拡張し、身体の中で熱を生み出してくれるので、身体が芯からとても温まります。

さらに、柚子の皮に含まれている精油にも保温効果があり、ビタミンCもたっぷり。

またはちみつには免疫力アップや殺菌・抗菌効果もあり、身体を温めるだけではなくインフルエンザや風邪対策にもなり、アンチエイジングや美容効果もあります。

器を温めておくのがポイント

 

 

 

 

このドリンクを作る時は、耐熱グラス(マグカップでも良いのですが、耐熱ガラスのほうが見た目もきれいで癒されます)をお湯に入れて、器を温めておくのがポイントです。

また、このドリンクを毎回作るのが面倒であれば、材料をまとめて作るのもOK。

柚子の皮の千切りに生姜のすりおろし、はちみつを入れ瓶などに保存します。柚子の種や、白いわた部分を取り除いた実の部分を入れても良いでしょう。

器にスプーンですくって適量入れ、熱湯を注いで召し上がって下さい。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。