美容にも良い、蕎麦とトマトの組合せ

即効で2kg減らしたい時は、トマトと蕎麦の食事ダイエットを!
栄養バランスもとれるので、肌にも影響なく、きれいに痩せます。

■具体的な方法
  • 朝:トマト1個、または手作りのトマトジュース
  • 昼:蕎麦。基本はコンビニのざる蕎麦と、市販のトマトジュース
  • 夜:蕎麦、またはトマト1個、または手作りのトマトジュース

これを3~5日間続けると、自然と体重が戻っていきます。
ジュースにする場合は、トマトにレタスなど食物繊維の多い野菜や、オレンジなどの柑橘系のフルーツを入れてもOK! 

意外と飽きてしまうのが、蕎麦。なので、楽しみ方としては、コンビニを変えることです。コンビニのざる蕎麦は、どこもだいたい300円程度なものの、最近は素材にこだわっているものも多く、コンビニによって味も少し違います。この際、いろいろなコンビニの蕎麦を味わってみるといいでしょう。

お酒もOKのダイエット

この時期のトマトはけっこう高いので、ミニトマトを使ってもOKです。ミニトマトの場合は、5~10個食べれます。
お酒好きの人は、夜ビールを1本程度飲んでもOKです。
私も大のお酒好きなので、どうしても夜のビールが我慢できず、缶ビール(350ml)1本程度は飲んだりしています。その時は、トマト1個をスライスにしたり、ミニトマトをおつまみに。ビールを飲む時は蕎麦はやめたほうがいいでしょう。

短期間で表れるダイエット効果

毎年、正月休み後には2kg体重が増えてしまうのですが、ここ数年すぐにこの食事ダイエットで戻しています。
パターンとしては、成人の日の連休からをダイエットウィークとして、はじめています。なので、1月中にはもとに戻ります。

嬉しい美容効果も

とにかく、1週間以内には体重が戻ることです。しかも、トマトには食物繊維とリコピンが、蕎麦は脂肪や糖質の代謝をよくするビタミンB群やルチンが豊富なので、ダイエットだけでなく美容効果も期待できます。そのため、このダイエット中に肌がかさつくこともありませんでした。

慣れてしまえば簡単

慣れるまでの最初の2日間がけっこうきついです。いつも空腹状態なので、休日を利用して出歩くことがオススメです。でも、3日目からは自然と慣れてきます。また、この時期はトマトの値段が高いのがマイナス点です。

蕎麦とトマトの組合せは、美容にもいいのでオススメですよ!

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。