家のようにくつろげる空間を演出するマットレス

 

 

テント内で眠るときに注意しなければいけないのは、クッション性と保温、冷気の遮断などです。おすすめの「フォールディング マットレス ダブル」は、シェラフをセットとすることでテント内を快適な空間にしてくれます。

オートキャンプは普段、家で眠るときとは違い環境が異なります。そのために、テント内を出来るだけ家のようにくつろげる環境にすることがオートキャンプを楽しむコツです。一泊して地面が凸凹で、あまり眠れなかったことになれば、楽しさも半減してしまいますので。

そのためにはテント内での環境をよくする準備が必要です。これは有効な手段ではありますが、厚着を着て体温調節すると寝苦しいときがあります。そこで役立つのが、この「フォールディング マットレス ダブル」です。

これはテント内のマットとして敷くことで、テント内のクッション性と保温を高めてくれます。値段も6900円と手頃で収納ケースもついています。その前に、テントの下には湿気とマット汚れ対策に一枚シートを敷いておくといいです。

このマットを敷いて、その上に封筒型のシェラフを敷きます。これでテント内での凸凹はまず感じられません。寝苦しいこともありませんし、冬でも寒さを感じることがなくとても温かいです。ワンポイントアドバイスとして、シェラフは保湿効果を高めてくれるので、マットの設置が終われば広げておくといいでしょう。




投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。