上品な紅葉を楽しめる 今宮神社

今宮神社

今宮神社

秋の大人気旅行先といえば、京都ではないでしょうか。神社仏閣と紅葉の組み合わせは、観る者全ての心を穏やかにさせてくれる。不思議なパワーがありそうです!

今宮神社は、長保三年ご霊夢によって疫神は船岡山から再び現在の当社地に奉遷され、新たに設けられた神殿三宇ともども今宮社と名づけられ、これが今宮神社の起源だそうです。

徳川五代将軍綱吉公の生母桂昌院は、一説に西陣の八百屋に生まれ、その名を「お玉」と呼ばれたと伝えられ、三代将軍家光公の側室となって綱吉を生み、その後、将軍の生母として大奥で権勢をふるい、従一位の高位にまで昇り詰めた事から「玉の輿」の言葉の起源ともいわれているそうです。

縁結びのお守りとして、「玉の輿守」が女性に人気だそうです。また、こちらの境内はたくさんのお社があり社務所前は全ての摂社スタンプがあります。白紙も置いてあるので自分で押すのもよいし、お願いすれば500円できれいな絵の紙に押して頂く事も可能です。

境内の中には上品な紅葉を楽しむことができます。摂社スタンプの近くには広めのベンチがあるので、そこでのんびり座って紅葉を眺めることができるのでオススメ!

■今宮神社
・住所:京都府京都市北区紫野今宮町21
・電話:075-491-0082
・拝観時間/営業時間:境内自由
・拝観料・料金:境内自由
・アクセス:
【バス】市バス46番 『今宮神社前』下車すぐ、1番・12番・204番・205番・206番・北8番・M1番、『船岡山』下車 徒歩7分

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。