素朴で飾り気がない、なつかしい味がアルザス料理の魅力

 

 

 

 

シャンゼリゼ通り南側、ショッピングストリートのほぼ中心にある「ラルザス(L’Alsace)」というレストラン。

フランスとドイツ国境近くの、アルザス地方のお料理を出してくれます。

アルザス地方は、お料理もお互いにフランス、ドイツの影響を受けており、煮込んだお肉やソーセージやベーコン、千切りキャベツを酢漬けにしたザワークラウト、じゃがいもなどが中心。

いわゆるフランス料理とはまったく違い、素朴で飾り気がないので、一見何てことないお料理に思えるかもしれません。でも一度アルザス地方に旅行をすると、このお肉類とザワークラウト、ジャガイモの組み合わせがよく出てくるので、忘れられない、なつかしい味になるのです。

このラルザスというお店、アルザスの田舎のイメージとは違い、内装はゴージャス。一見高級レストランかと見間違えてしまいそうですが、ラミネートされたメニューを開いてみると、お手軽プライスなお料理が並びます。

アルザス地方の白ワインを、グリーンの脚のついた専用ワイングラスに注いでくれるのも嬉しいです。

パリの中心でアルザス料理は不思議な気分ですが、凝ったフランス料理は苦手、という方でも、素朴なアルザス料理なら口に合う、という方も多いかもしれません。

お肉が好きな方は、ぜひ一度試してみてください。

■ラルザス(L’Alsace)
住所:L’Alsace 39, av. des Champs Elysees, 75008 Paris, France
TEL:+33(0)1.53.93.97.00
アクセス:地下鉄Gerge V駅 徒歩3分

※上記データは記事公開時点のものです。

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。