世界で最も知られるブランドの1つ「フォルジュ・ドゥ・ライヨール」のナイフ

 

 

 

 

 

 

1829年フランス南部の小村ライヨール(ラギオール)で生まれたナイフは、“ライヨール(ラギオール)ナイフ”として、今や世界で最も知られるブランドの1つ。

中でもフォルジュ・ドゥ・ライヨールはフランス特許庁が公認した「LAGUIOLE ORIGINE GARANTIE」の刻印を刃身に刻むことが許されている唯一のブランドで、ライヨール村で部品製造から組み立てまで一貫して生産されています。

1987年の創業以来、フランス歴代大統領やジャック・イヴ・クストーが所持し、世界の有名・人気レストランで使用されているフォルジュ・ドゥ・ライヨールのナイフは使い勝手の良さと洗練されたデザインが特徴。

村を取り囲む自然をモチーフにしたデザインやマークは独特で、この地方に生育する木の葉の形を模したナイフの刃、美しい流線型のハンドル部分は羊の後ろ脚からヒントを得ています。そしてナイフの刃の根元にはミツバチマーク。

セットで買うと驚くほど高価なので、まずは1本、“本物”を手に入れてみませんか。

■フォルジュ・ドゥ・ライヨール
住所:29 rue Boissy d'Anglas 75008 Paris
TEL:+33 (0)1 40 06 09 75
営業時間:10:30~13:00、13:40~19:00
定休日:日曜日
アクセス:Madeleine(メトロ8、12、14号線)から徒歩4分
ホームページ:フォルジュ・ドゥ・ライヨール

※撮影者より許諾をいただいた写真を投稿しています。
撮影者:Moxieg(1枚目)、nienfanhsun(2枚目)、dane brian(3枚目)

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。