慣れるまでは手袋などをしてお世話をしてあげる

ちくちくとしたとげを出すことで知られるハリネズミですが、慣れるととげを立てずに触れ合うことのできるかわいい動物です。夜行性なので昼間はほとんど眠っているため、日中家を空ける人にはピッタリだと思います。

ハリネズミは敵の攻撃をかわすためにとげを立てます。飼いはじめのころはとげを立てられるかもしれませんので、慣れるまでは手袋などをしてお世話をしてあげるとよいと思います。

飼育に必要なものは、ウサギやハムスター用のゲージ、敷き材、給水機です。えさはペットショップなどに売られているハリネズミ用のドライフードを与えますが、おやつとしてワームやコオロギなどを与えると喜んで食べます。

また、低温に弱く、温度が低くなると冬眠状態になり、そのまま死んでしまうこともあります。常にエアコンをつけ、室温を保つようにしましょう。パネルヒーターやひよこ電球を使うと温度管理がしやすく便利だと思います。

さらに元気なハリネズミだと、運動できるホイールを設置してあげると喜んで乗ります。ただし、夜間に活動するので音が気になる人にはおすすめできません。

早く飼い主に馴れてもらうためには、自分のニオイのついたものをゲージの中に入れておくと、飼い主のニオイだと理解するようです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。