家にいるときは必ず、一緒にしつけがてら遊ぼう

 

 

私はフェレットを過去15年間で延べ5匹飼ってました。子供から育てると犬程度に、しつけも入ります。本当に驚くくらい賢い動物です。そして鳴きません。

留守がちのお宅なら、大きめのペットショップで専用の「フェレット用ケージ」を買って、そこに専用おもちゃなんかを入れてあげれば、勝手に寝たり遊んだり食べたりしています。エサは、犬と違って自分の必要量以外は残しておくことも知っています。

家にいるときは必ず何回かケージから出してやり、一緒にしつけがてら遊んでやってください。特に子供時代に集中して、遊んでやることが重要です。自分の名前に反応したり、簡単な芸ができるようになれば、動物好きな方なら、かわいくてしょうがなくなると思います。

注意点は、晩年高齢になってくると、病気(腫瘍やガン)になりやすくなり、自然に眠るようには死ねない個体が多いことです。結構、動物病院費がかさむことになります。もともとは肉食(捕食)動物なので、人間が無理やり長生きさせているのも、原因のひとつだと思われます。

それと、フェレットは寒さに強く、暑さに弱いです。夏場にものすごく暑くなってしまう留守宅では、クーラーが必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。