いちごで『赤毛のアン』の世界が楽しめる

 

 赤毛のアンのいちご水を、水で割ってみました

 

 赤毛のアンのいちご水を、牛乳で割ってみました

 

 ゼリーに加工しても美味しいですね


『赤毛のアン』に出てくる「いちご水」。本当は木いちご(「raspberry cordial」ですから)なんですけど、手に入りやすくて手軽にできる普通のいちごで物語の世界をちょっとだけ味わってみませんか?

材料

  • いちご 600g(2パックくらい)
  • 砂糖 600g
  • クエン酸 20g(レモン汁でも代用できます。量はお好みで)

作り方

  1. いちごは洗ってヘタをとり大きな鍋に入れます。
  2. いちごを覆うように砂糖を入れてそのまま一晩置きます。
  3. 翌日水分が出て砂糖が溶けていると思うので、それを火にかけて軽く煮ます。かき混ぜたり、潰したしせず、グラグラ沸騰させないようにゆっくりと煮てください。灰汁が気になる場合は取り除いてください。
  4. 果肉がペタペタになったら火からおろし、クエン酸を加えて軽く混ぜます。
  5. ざるにさらしを敷いていちごを濾します。絞ったりせず自然に滴下させましょう。
  6. いちご水はこれで完成です。


飲むときは水で約4~5倍に薄めていただきます。水のほかに、牛乳で割ると美味しいいちごミルクになります。炭酸で割っていちごスカッシュも美味しいです。ゼリーやババロアに加工してもよいですね。

濃縮タイプなので、紅茶にお砂糖の代わりにたらしたり、アイスクリームやヨーグルトにかけたりと、簡単なアレンジもできて重宝します。

たくさん作って、煮沸消毒した瓶に入れると長期間保存できます。

残った果肉は、色は抜けていますが、煮詰めてジャムにしていただくこともできます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。