とにかく上手い「Edward Van Halen」!難なく弾いている感じが好き

海外アーティストで上手と思う人は何人もいますが、個人的に「いちばん!」と言いたいのは、ハードロックバンドVan HelenのEdward Van Halen(エドワード・ヴァン・ヘイレン)。おすすめの理由は、「音楽がとにかく楽しい」というようにギターを弾いているのがわかるからです。

親が音楽関係者で、Van Helenのドラマー、アレックス・ヴァン・ヘイレンは兄。小さい頃から音楽に親しんでいたことがギター奏法にも影響しているような気がします。

弾いていてとにかく楽しそう、しかも軽く弾いてしまう。ライブなどでは速弾きも披露していて、ギターがまるで生きているみたいな音を奏でます。

ヒット曲は「Jump」「Panama」「Can't Stop Loving You」「You Really Got Me」など多くありますが、私の中では「Humans Being」が好きで、イントロの何かが始まりそうなギター、間奏の高音も好きです。音もクリアで思わず「上手だ……」と感嘆してしまうようなギターテクニックです。

Humans Being
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。