トニー賞最優秀作品賞受賞! ミュージカル HAIR「ヘアー」

ベトナム戦争時代の物語です。田舎の青年に赤紙が来て一度、町にでてみたいと思い町にでたら、なんと、ヒッピーだらけ。戦争の色なんてない。

だが、彼らにも赤紙が来ているのだが、反抗精神からか、髪を伸ばしています。ゆえに「ヘアー」なんです。でも、実際は彼らも楽しんでいるようで、色々な問題を抱えています。そして、徴兵の日、仲間のうらぎりによるものか親切からか、とんでもない方向に進んでいきます。最後のシーンは涙、涙、です。

当時、日本でも同様に劇場で公演が行われていましたが、現在はDVDで見ることができます。

音楽も素晴らしいです。サウンドトラックも出ています。前奏曲の「アクエリアス」は、「フォレスト・ガンプ」にも使われていましたね。でも、私は最後の徴兵シーンで流れる歌が好きです。また、聞くと胸が締め付けられるように涙が今でもでます。

是非見てみて下さい。

※上記データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。