うさぎも怒る!?

q

遊んでくれれば怒らないよ

優しくてかわいい、一見平和主義に見えるうさぎですが、怒ることだってあるんです。それはどんな時でしょうか。

まず、子を産んだばかりの母うさぎは、子供を守るため、常に気が立っていて、怒りっぽいです。これは自然の摂理なので、もし出産したばかりの母うさぎがいたら、怒らせないようにそっとしてあげてください。

一緒に暮らしていて、うさぎが怒るときは、触られたくない場所を触られそうになった時でしょうか。うさぎは、お腹や、足の裏を触られるのが苦手な子が多いです。

そんな場所を触ろうとすれば「ぶーっ」と、お腹の底から「怒ってるぞ!!」と聞こえてきそうな音を出し、目は心なしか、つり上がって見えます。 うさぎは、声を出しません。「ぶっ」という音は、鼻か、喉の奥から、発せられているようです。

また、おやつをあげようとして、こちらがもたもたしていると「ぶっ!ぶっ!(早く早く!!)」と怒られてしまう時もあります。

そして、気にくわないことがあったとき「足ダン」と呼ばれる行動をすることがあります。一般にスタンピングと呼ばれる行動ですが、うしろ足をかなりの力で地面に叩きつけ「ダンッ!!」と音を出し、怒りを表現するのです。しかし、これは、仲間を呼ぶときや、危険を知らせる時にも使うので、一概に怒りの表現とは言えないかもしれません。


遊ぼうよ!

狭いケージに閉じ込められているのは、やっぱりつまらないのは当たり前。出して!出して!と、ケージの金柵を噛み、ガタガタッと揺さぶるうさぎもいます。かなりの力を出すので、出せや!!と怒っているのだと思います。この感情は、改善してやるべきです。長引けばストレスになりますし、金柵を噛めば、歯も悪くなります。

時間を決めて遊ぶ、遊ばないときは電気を消す、覆いをかけてやるなど、ルールを決めれば、うさぎは理解しますので、怒らせないようにしてあげてください。

嬉しい時は、どう表現するの?
 



嬉しい感情-ひねりジャンプ!

j

お誕生日祝ってもらって嬉しい!

うさぎが嬉しい時は、一目瞭然です。動きが活発です。そして、早く走ったり、ぽーん!と、高く飛んだりします。なかでも「ひねりジャンプ」は、最高嬉しい時にするようです。

ぴょんと、縦に飛び上がり、空中で体をひねります! それを見たときはこちらも嬉しくなりますので、褒めると、何度もやってくれたりします。

また、小さな声(音)で「ぐぅ、ぐぅ」という時があります。撫でられて気持ちがいいときや、嬉しくて走り寄ってくるときなど、この音が聞こえるときがあります。これも嬉しい感情です。小さな歯ぎしりも、くつろいでいる時に聞こえる時があります。


得意になる

以前お預かりをしたうさぎで、約20センチ四方の軽いマットをうまく背中に乗せ、かぶって遊ぶうさぎがいました。「うまいねー! 上手だねー!」と褒めると、ますます嬉しくなるのか、何度も何度もやってくれました。私はそれを「獅子舞」と名づけて、オーナー(飼い主)さんと楽しく話し合いました。うさぎだって、褒めると伸びるのです。


悲しみの感情

うさぎは、弱みを隠す動物です。痛いところがあっても、平気な顔をするのです。天敵に狙われないための本能なのですが、悲しい時も、我慢しているように私には感じます。

たとえば、一緒にいた仲間のうさぎがある日突然いなくなったとき。以前、2頭飼っていたのですが、1頭が亡くなり、その姿が見えなくなったとき、残されたほうのうさぎは、しばらく呆然とした日々を過ごしていました。その時はこちらが悲しくて、話してやることが出来なかったのですが、きちんと声をかけるべきだったと思いました。

現在、我が家にいるうさぎも、娘(私の娘、人間)の姿が見えないと、リビングのドアの方を見てぼうっとし、ほとんど動かないのです。それが、うさぎの、寂しい感情の表現なのかなぁと思います。弱みを見せないので、じっと我慢しているのです。


うさぎが、怒る、悲しいなど、負の感情を持っているときは、できるだけ早く取り除いてやってください。嬉しい、楽しい表現をしてくれるときは、こちらも幸せな気持ちになりますので、お互いいい感情で過ごせるよう、気を配ってあげてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。