スメハラ対策に!ほのかに香る手作りアロマ柔軟剤の作り方

花粉症の季節が来ると娘のアレルギーで洗濯が大変だった育児体験を思い出します

花粉症の季節が来ると娘のアレルギーで洗濯が大変だった育児体験を思い出します

最近、市販の柔軟剤での「スメハラ」問題が話題になっています。ガイドは「香り」が好きなので、市販の柔軟剤も好きなものを楽しく使用しています。

しかしながら、子供がアレルギーだったころ、使用できない時期があったことも事実です。特に、花粉症の季節が来ると娘がアレルギーで育児が大変だった時のことを思い出します。アレルギー体質の娘は、乳児湿疹がとてもひどくて産着がこすれると湿疹が真っ赤になるので洗濯洗剤と柔軟剤にとても気を使いました。

アレルギーがあったり、体調がすぐれない場合合成香料が多く含む市販の柔軟剤の香りが苦手に感じてしまうのも理解できます。子供のアレルギーで柔軟剤が使えなかったときに役立ったのが、「お酢」を使った手作りアロマ柔軟剤でした。最初は「お酢で臭くならないのかな?」そんな心配をしましたが、使ってみてびっくり! まったく「お酢の臭い」は衣類に残らず精油の柔らかな香りだけが残ります。

当時はガイドもアロマセラピストとしてまだデビューしていない時期だったのでこの経験が「艶髪にデトックス! 手作りアロマシャンプー&リンス」の記事で紹介した手作りアロマリンスのヒントになりました。

今回はガイド自身の経験から愛用しているお酢を活用した「手づくりアロマ柔軟剤」の作り方と使い方を紹介します。「お酢」に抵抗がある方のためには、お酢のニオイがしない「クエン酸水」を使ったレシピのリンクも紹介しています。

手作りアロマ柔軟剤になんでお酢なの?

クエン酸水とハーブで作った手作りアロマリンス

クエン酸水とハーブで作った手作りアロマリンス。赤い色はハーブとクエン酸が反応して出る自然の色です。

手作りアロマ柔軟剤にはなぜお酢を使うのか? 理論は手作りアロマリンスと全く同じです。是非「艶髪にデトックス! 手作りアロマシャンプー&リンス」の記事を参照ください。アルカリ性の洗剤で洗濯した衣類を「酸性」のお酢で中和して衣類がごわごわにならないサポートをしてくれます。

よってクエン酸水でもOKなのですが、ガイドは柔軟剤としてはボトルごとそのまま使えてクエン酸水を作る手間が省けるので「お酢」を愛用しています。スーパーで500ml 88円くらいのお得な価格で販売されている一般的な穀物由来の「お酢」を使っているのでコスト的にも大変経済的です。

これらの一般的な「お酢」には若干アルコールも入っているので精油の希釈にもちょっぴり役立ちます。衣類をふっくらさせるためには「グリセリン」を加えます。市販の柔軟剤のようなやわらかさは難しいですが、コーティングされていないナチュラルですっきりとした柔らかさが楽しめます。ガイドはタオルの吸水性が落ちずにふんわりするナチュラルな感触が気に入っています。


グリセリンについて

手作りリンスにも柔軟剤にも活用できるグリセリンについて説明します。グリセリンとは石鹸を作るときに出来る副産物です。植物や動物、人間にも蓄えられている物質であり、物質的特徴により保水性に優れていることから「保湿成分」としても有名で化粧品としても使われています。あかぎれなど、皮膚のひびのケアにも使われます。

使い方は多様ですが、昔から織物や染物などに補助剤として使われていたそうで、柔軟剤としても衣類のごわごわに役立つことが理解していただけると思います。

精油を混ぜて手作りのアロマクラフトを楽しむ場合に使うグリセリンは、「植物由来」のものをおすすめします。ドラッグストアや通販などショップで販売されているグリセリン(※)で、「化粧用にOK」と記されているものは、ほとんどのものが石鹸の材料となるヤシ油やパーム油由来のグリセリンのようですが、ドラッグストアの薬剤師さんも原料の由来までは把握しづらいそうなので、製造元メーカーに確認するのが確実です。
※グリセリンは一般的に500ml /1000円未満程度の価格で販売されています

グリセリンの量で衣類のふっくら感が変わってきますが、多く使用すれば良いとは限りません。多く使いすぎるとグリセリンが衣類に負担をかけるので、レシピを参考に使いやすいグリセリンの量を自分でアレンジしてください。

>次のページでは「手作りアロマ柔軟剤の作り方と使い方」を紹介します