ギターにはいろいろ種類があり、さまざまな特徴から音が違います。店員さんに「どのギターが僕には合いますか?」という質問をしても、購入は難しいでしょう。ここでは、ギターの選ぶ際のポイントを考えていきたいと思います。

どんなギターを買えばいい?

どんな曲を弾きたいが、曲名を簡単に伝えましょう。エレキ、アコギ、クラシックギターなど、弾きたい曲により、ギターの種類が決まります。

undefined

 


予算感は?

ギター以外には、次のものが必要です。
  • 付属品(ケースはハードかソフト、大抵安いものが無料でついてます)
  • 消耗品(ピック、弦)
  • ストラップ(立って弾くなら必須)
  • ギタースタンド(安いものだと千円以下であります)                
※エレキならアンプ、シールド、音色を変えるエフェクターも検討しましょう。

新品 or 中古 or オーダーメイドどれがいい?

初めての方は新品が良いかと思いますが、中古でも良いものがあります。見た目の汚れ・キズはあるかもしれませんが、手入れや完成度によって、良い音が出ます。

注意点は、ネックの反り、ネックのフレットピンの削れ(打ち換え可能)、エレキなら電子部品(ボリューム、トーン)、ピックアップ(弦の音を拾うマイク)の錆やノイズ(ボリューム)など。

一方、職人と顧客で作り上げる最高の品物がオーダーメイドです。製作に時間が必要です。塗装一つにしてもウレタン塗装、ラッカー塗装など異なります。だだし、完成して、「想像していた音と違った」ということもあります。やはり実物で音を鳴らすことができる量産新品と中古をおすすめします。

チューニングに問題はないか

当たり前ですが音程が合うこと。

実際に持った感じは

ネックの太さ形状、握り具合、重さ、音の感じを体感しましょう。特殊なもの除いて基本、木がメインですが材質は数種類あります。

ネック・ボディに反りはあるか

ネック反り(逆反り、順反り)はないか。ギターの弦の高さがフレット(低域から広域)により高かったり、低かったりします。木という生き物ですので、メンテと保管の仕方で反り発生します。多少の反りはナットで調整できますが、初めは下手に触らないことです。

オクターブ調整

ローポジションとハイポジション での音程のズレはないか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。