楽しみながらやることも諦めないコツ

 

 

ギターのFコードを押さえられるようになるのは初心者の「鬼門」。確かにそうですよね。バレーコードの中でも、最も押さえにくいかと思います。

バンドも組んでないし、家で好きな曲のコードを練習して一人で歌って楽しんでいる程度の僕ですが、完全に押さえられるようになるまでに最初にやったことは、「省略フォーム」で良しとしてまずはギターを楽しむことでした。

「省略フォーム」というのが何かといいますと、上の画面のように、バレー(セーハ)はせずに人差し指は1・2弦のみを押さえ、2・3弦は中指・薬指で押さえる(5・6弦は弾かない)ことで格段にコード演奏が簡単になります。

慣れてきたら、5弦も押さえるフォーム(6弦は省略)や、6弦を親指で押さえるフォーム(5弦は省略)を練習します。

ちゃんとした「F」を押さえられるようになるためには、練習するしかない(コツとしてはセーハした指をネック側に傾ける)のですが、楽しみながらやることも諦めないコツかと思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。