お金をかけずに効果を出したいなら皮膚科がおすすめ

肝斑(かんぱん)、以前勤めていた会社の女性上司がこっそり教えてくれた治療法が「皮膚科の医師にかかること」でした。私自身は肝斑はまだ先の話(だと思う)なのですが、こっそり「将来、肝斑で困ったら皮膚科に行きなさいね。」と教えてくれたのでした。

トランシーノという肝斑用のサプリメントが市販されていて当時流行していたのですが、市販薬は市販薬。効果はそこまで強くないそうです。エステに行くと効果はあるものの、値段が高い。そこで、皮膚科に行って薬をもらって治療するのが「安くて」「効果のある薬をもらえる」といいます。

その女性上司は他の女子にも同じことを言っていたらしく、肌悩みを持つ女子社員で皮膚科に行って薬を処方してもらった人もいました。確かに薬を処方してもらい飲むと効果も高いような気がします。なので、あまりお金をかけずに効果を出したいなら皮膚科に行くのがおすすめです。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。