フィリピン留学のデメリットは?

それでは、フィリピン留学にはまったくデメリットがないのか?といいうと、そういうわけではありません。やはり、物事には必ずメリットとデメリットがあるものです。以下、ガイドの主観ではありますが、デメリットを紹介します。

・発音、用法の問題
フィリピンで話されている英語は、一般的に独特の訛りがあることが指摘されています。狭い日本でもイントネーションの違いがあるように、世界共通言語である英語は各国何処に行っても少なからず訛りはあります。逆にそういう所だからこそ、英語に対するコンプレックスを感じずに学習ができるのかもしれません。

語学学習は短期間で完成することはありません。まずは、伝えたいことが言えるようになり、相手の言いたいことを理解できるようになる、というレベルを目指すのであれば、フィリピンで英語を学ぶことは決してマイナスにはならないと思います。

・留学生の国籍の偏重
フィリピンの語学学校は、韓国人経営の学校が多数を占めるため、留学生も韓国の方が圧倒的に多い状況にあります。韓国の学生以外には、日本や中国、台湾などの学生が学んでいますが、アメリカやイギリスの語学学校のように、世界中から生徒が集まっているわけではないので、世界中に友達と作りたいとか、様々な文化を知りたいという方には不向きかもしれません。

・英語圏文化圏への理解
語学の勉強は、その文化も含めての理解が必要と考える方、ホームステイによってそこに暮らす人の考え方も知りたいという方は、やはり他の英語圏に留学すべきでしょう。

・治安
他の英語圏に比べて、より注意が必要と言われていますが、繁華街や夜道、危険と言われている地域で単独行動を避けることは、どの国でも同じです。また、ツーリストを騙して利益を得ようと思っている人もどこの国にもいます。十分に注意してください。

ガイドからの提案

格安でマンツーマンレッスンを受講できることが、フィリピン留学の最大の魅力です。半年程度の留学期間が許されているのであれば、3ヶ月をフィリピンで学び、基礎を固めながら英語へのコンプレックスを取り除く。その後英語圏の語学学校に移るという方法も、費用を抑える意味では良い方法かと思います。実際、韓国の学生などはそうしているケースも多いようです。

語学の基礎ができてから、英語圏の語学学校に行くことで、中級コース以上のクラスで学ぶことができれば、様々な国からの留学生と会話を楽しむことができます。

もちろん、短期留学でも、少しまとまった休みのとれた社会人や、英語しか話さない環境に身をおいて、まずは基礎固めという方にもオススメの留学先です。

関連リンク:
フィリピン政府観光省
フィリピン英語留学意識調査(フィリピン政府観光省)





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。