家族が感情的になると再発しやすくなる

kanjo1

頑張りすぎてたまった感情を、つい家族に向けていませんか?

家族に心の病が生じると、冷静ではいられなくなるもの。「どうしたらいいの!?」「接し方が悪かったのかしら?」とオロオロしたり、「苦労ばかりかけて!」「どうして治らないの!?」と苛立ってしまうこともあるでしょう。

しかし、家族が動揺し、感情的に接してしまうと、患者のプレッシャーとなり、病状の悪化につながってしまうのです。

1960年代、イギリスのブラウンらが統合失調症の再発と家族の感情表出との関係を研究したところ、感情表出の高い家族と接する人ほど再発率が高くなっていることが分かりました。その感情表出には、次の3つのタイプがあるとされています。

1. 批判タイプ
「いつまでも寝ていていいの!?」「“なまけ病”なんじゃない?」など、批判を露わにすること

2. 敵意タイプ
「一緒になるんじゃなかった」「もう世話なんてしたくない!」など、敵意を露わにすること

3. 巻き込まれタイプ
「私のせいかしら」「私だけが楽しんではいけない」など、相手の状態に情緒的に巻き込まれること

いつも身近にいて、心から心配している家族だからこそ、このような激しい感情を抱えてしまうのでしょう。しかし、統合失調症に限らず、心の病を抱えた人にとっては、この家族の思いが非常に強いプレッシャーとなり、回復の妨げになってしまうのです。

抑圧しすぎると感情は暴走しやすくなる 

kanjo2

家庭という「密室」でのかかわりが、家族を追い詰めてしまうことも多い

とはいえ、素直な感情を抑圧し続けると、家族まで病気になってしまいます。では、常に複雑な感情を抱く家族は、どのようにその感情をコントロールしていくとよいのでしょうか?

まず、患者に感情をぶつけやすいのは、家庭という「密室」の中だけで、家族の心の病の問題に向き合っていることが大きな要因になっていると考えられます。つまり、患者に対する不安や心配、苛立ちを、自分の胸の内、あるいは家族間だけで抱えてしまい、外に向かって表出していないことが、影響している場合が多いのです。

家族としては、「誰かに話したいけど、興味本位で聞かれたくない」「プライバシーの問題だから、気軽に話せない」という気持ちがあるのかもしれません。あるいは、「私がしっかり支えなければ」「弱音を吐いてはいけない」という気負いで、自己を律しているのかもしれません。

しかし、素直な気持ちを抑圧したままでいると、いずれは我慢が限界に達し、苛立ちや不安を患者本人にぶつけるリスクが高くなります。また、自分だけ、家族だけで介護を背負うことで、その介護生活に過剰適応し、患者に対して過保護、過干渉になるリスクもあります。

いずれにしても、そのままの状態を続けていると、患者には過剰なプレッシャーとなり、悪循環になってしまいます。