熱湯を注いで蒸し焼きにするのがポイント

 

 熱湯を注いで、蒸し焼きにしています


我が家ではハンバーグをいつも蒸し焼きにしています。ふっくらジューシーで美味しいです。

作り方

  1. 熱したフライパンに、薄く油を引き、強い目の中火で蓋をして、焦げ目が付くまで焼きます。
  2. 裏返してもう片方も強い目の中火で蓋をして、焦げ目が付くまで焼きます。
  3. しっかりと焦げ目が付いたら中火にし、熱湯を注ぎ(フライパン全体に広がるくらい)、蓋をして蒸し焼きにします。
  4. 竹串を刺して、透明な肉汁がでてきたら出来上がり。まだ血が混じっているようなら、熱湯を少し足して、再び蒸し焼きにします。

ポイント

ハンバーグの厚みや大きさなどによって、焼き時間は10~20分くらいの間ですが、確認のため竹串を刺しすぎると、肉汁が外に出てしまうので、注意しましょう。あと、フライパンや中身の温度が下がらないように、水ではなく、熱湯を注いでください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。