いろいろな保険を売っているお店 

保険ショップは対面による加入ルートの1つ

保険ショップは対面による加入ルートの1つ

保険に加入するルートは、大きく「非対面」と「対面」に分かれます。非対面はネットや郵便などの通信手段を使って加入する方法で、基本的に保険会社の人と会うことはありません。対面は保険会社の営業職員に個別訪問を受けて加入する、銀行・郵便局などの金融機関や保険ショップの窓口に行って加入する方法です。

保険ショップは対面による保険加入ルートの1つで、街中のビルやショッピングセンターなどに店舗を構えているのが特徴。1社の商品を専売しているお店と、複数社の商品を売っているお店があり、最近、利用者が増えているのは後者「複数社の商品を売っているお店」です。複数社の商品を扱っているので、来店型の乗り合い代理店という場合もあります。

利用者が増えている理由は、以下の通り、大きく3つあるようです。
  1. 窓口で応対するのはFP(ファイナンシャルプランナー)資格を持つ保険のプロで、複数商品を扱っているためその中から相談者に適したプランを提案してくれること
  2. 相談は基本的に無料なこと
  3. 複数商品の比較ができること

保険ショップでできることは?

保険ショップでできることは、大きく分けて2つ。「保険の新規加入についての相談」、「加入中の保険の見直しについての相談」です。

新規加入の相談は相談者と家族の職業や家族構成、家計の状況に応じて、相談者と家族に必要な保障と保障額を算出し、最適と思われる保険プランを提案してくれます。見直し相談は、今加入している保険の内容を確認し、必要な保障と保障額を過不足なくカバーできているかを点検、もし過不足があれば見直しプランを提案してくれます。また、家計が厳しくて保険料を下げたい、更新による保険料アップを防ぎたいなどの悩みにもアドバイスしてもらえます。見直す気はないが加入している保険の内容を知りたい、という相談に応じてくれるショップもあります。

保険ショップを利用するには

まず、近くのショップを探すことから始めます。代表的な大手の保険ショップは「ほけんの窓口」、「みつばち保険ファーム」、「保険クリニック」、「保険見直し本舗」です。ホームページで最寄りの保険ショップを調べて、面談の予約をします。面談時間は1時間半~2時間を見込んでおけばいいでしょう。

面談日までに準備しておくものは、家族全員が加入している保険証券のコピー、家族構成・家計収支・今後のライフイベントをざっくりでいいのでメモしたもの、会社の福利厚生の内容がわかるパンフレットなど。そして、保険をどうしたいのかを考えておきます。夫か妻の1人で行くより、夫婦で行くことをオススメします。子連れで行く場合は、子どもの遊び場を設けているかを事前に確認しておきましょう。

>>保険ショップのメリットと注意点は、次ページで解説します。