箱根旧街道せせらぎの里 「畑宿」

箱根には芦ノ湖を始めととして、箱根神社、箱根関所、大涌谷、彫刻の森、仙石原、山中城等見所は多くありますが、意外に知られていないスポットが湯本と元箱根の間にある畑宿(はたじゅく)です。

畑宿は寄木の里と呼ばれるほど、寄木細工のさかんなところです。畑宿中心部にある畑宿寄木会館では、作品の展示、実演、即売を行っています。入場は無料です。

江戸時代、箱根八里途中の休憩所として旅人に利用されていました。急坂が多く、すぐに崩れてしまうほど険しい山道でした。このため村人たちが道に石を敷きつめ、石畳道を完成させました。現在でも石畳道が残っており、国の史蹟になっています。豊臣秀吉が小田原攻めの際に休憩した所でもあります。

また、町のはずれには鱒釣り場があって、餌釣り、ルアー釣りが楽しめるようになっています。釣った鱒をその場で焼いて食べることもできます。よく、子供連れのファミリーが来て楽しんでいます。混んでいるときは予約客優先なので、お出かけの際は予約しておいた方が無難です。

お子さんと一緒に釣りと焼き鱒を楽しんだ後、寄木会館でおみやげを買って帰るのも箱根の楽しみの一つです、

<DATA>
■畑宿
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町畑宿
問合せ先(箱根町観光協会):0460-85-5700
アクセス:湯本駅から畑宿行き、または、箱根町行きバス 畑宿下車(25分)

■畑宿清流マス釣場
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町畑宿471
電話:0460-85-6373
営業時間:9:00~16:00(夏季は8:00~16:00)
URL:http://www.hatajyuku.net/masu/mstsuriba.htm

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。