毎月変化する室礼を目当てにする客も多い二木屋

 

 

北浦和の閑静な住宅街にある二木屋。昭和10年建築の建物は日本国登録有形文化財に指定され増築を経て現在に至ります。この格調高い日本家屋で目にも美しい会席料理がいただけます。

 

 

この屋敷の主は、自由民主党最初の内閣、当時の厚生大臣小林英三氏で、その母カツ子は、料理研究家として講演や料理教室を行なっていました。平成10年に建物をそのままに始めた二木屋は、100年前のカツ子の残したレシピをもとに再現された料理が楽しめると、全国にファンも多く、また五節句の人日、上巳、端午、七夕、重陽と季節ごとの室礼は見事で、遠方からわざわざこれを目当てに訪れる客も多いそうです。
 

 

ランチの傘福コース(4900円)は、季節の素材がふんだんに盛り込まれ少しずついろんなものを楽しみたい人にはおすすめです。ステーキのつかないコースですが、後半の強肴として供される和牛のシチューには上質な牛肉の旨みが凝縮されていて大満足です。

■二木屋
場所:埼玉県さいたま市中央区大戸4-14-2
電話:048-825-4777    
営業時間:11:00~22:00
定休日:第1月曜日
アクセス:JR京浜東北線北浦和駅徒歩8分
URL: http://www.nikiya.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。