朝食を食べていた頃よりも健康体に

1日2回の食事回数でダイエットに成功しました。
欠食によるダイエットは賛否両論ありますが、
実体験を投稿させていただきます。

オススメの回数は2回(通常は昼+夕が良いと思います。)
ポイントは、ただ朝抜きにするということではなく
「半日断食」を続けるということ。
つまり、前日夕食から翌日昼食までの時間を18時間あけるのです。
なので、通常の生活をしている人は、朝抜くのが一番手っ取り早いのです。

良い点はとにかく手軽。食費も減ります(笑)

悪い点は午前中ヒマな日は、慣れるまでお腹がすいて……。

トライする人に一言~まずは本を読んで下さい。
ただ朝抜きにするだけではないのです。
難しいことではありませんが、
効果的に実行するには知識が必要です。
朝を抜く分、昼と夕の量や内容は充実させなければなりません。
また、水分が不足するといけません。
その量や種類、飲むタイミングなどもちょっと配慮が必要です。

私は生まれて40年近く、朝食を抜いたことはほとんどありませんでしたが
知人に勧められ、この方法で朝食を抜くようになってから
1週間でむくみが引き、それだけで3キロ減
その後2ヶ月ほどで8キロも体重が減りました。
体調は、朝食を食べていたときよりも良く、
慢性的だった便秘も解消されました。

本の内容通りにしようと思うとちょっと大変です。
なので、私は基本を知った上で、アバウトに手を抜くところは抜いて実施しました。
  • 朝食を抜く
  • 夕食から翌昼食まで18時間あける
  • 午前中水分を1リットル以上とる
  • 昼食は控えめ
  • 夕食は豆、野菜、玄米などを中心にタップリ
  • 食後3時間は水分をとらない
開始2週間くらいは
少々ストイックに取り組みましたが
あとはあまり構えず、生活を改善するくらいの気持ちで。

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。