本来の人体のリズムは、1日2食の生活がぴったり

昔の人は、朝起きだして1回食事をし、仕事をして、夕方頃また食事を取って寝るという生活をしていたそうです。
現代社会においては、各家庭の経済状況が昔よりも潤っているため、昼にも食事を取るようになっています。
しかし、本来の人体のリズムにおいて、朝夕2食の食事が合っているようです。

■おすすめの回数
朝夕2食か、3食

好きなものを食べて健康的に痩せる

昔からの人体のリズムに合わせて食事を取ることになるので、健康的に痩せることができます。
量を制限することなく、2回の食事内容は好きなものを食べられます。

ローカロリーな物で空腹感を防ぐ

昼を抜くことになるので、慣れない間は空腹に耐えられなくなるかもしれません。
その場合には、飴をなめたり、ローカロリーなものを食べてしのぐなどして、対処しましょう。
また、一日2~3食というのはあまりこれまでの食事スタイルと変化がないので、ダイエットとしての意識が薄くなってしまうかもしれません。

自然に無理なくダイエットしたい方におすすめです。

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。